セルシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社セルシス
CELSYS, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 3829
2010年11月4日 - 2012年3月28日
セントレックス 3829
2006年12月12日 - 2011年1月25日
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿4-15-7
パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
設立 1991年平成3年)5月1日
業種 情報・通信業
法人番号 3011101051944
事業内容 ツール事業
モバイル事業
マルチメディアコンテンツ事業
代表者 成島 啓(代表取締役社長)
資本金 1億円(2017年12月末現在)
発行済株式総数 30,611株
売上高 27億02百万円(2011年10月期)
営業利益 4億57百万円(2011年10月期)
純利益 2億28百万円(2011年10月期)
純資産 26億54百万円(2011年10月31日現在)
総資産 33億99百万円(2011年10月31日現在)
従業員数 131名(2019年6月末現在)
決算期 12月31日
主要株主 アートスパークホールディングス 100%
外部リンク https://www.celsys.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社セルシス: CELSYS, Inc.)は、東京都新宿区に本社を置く、アニメーションマンガ製作ソフトウェアの開発や携帯コミック電子書籍のコンテンツサービスを行っている会社である。特に『RETAS STUDIO』はアニメーション製作現場で広く普及している。

沿革[編集]

  • 1991年平成3年)5月1日 - 株式会社セルシス設立。
  • 2006年(平成18年)12月12日 - 名古屋証券取引所セントレックス市場に株式上場。
  • 2010年(平成22年)11月4日 - 東京証券取引所市場第2部に株式上場。
  • 2011年(平成23年)1月25日 - 名古屋証券取引所セントレックス市場の上場廃止
  • 2012年(平成24年)
    • 3月28日 - 東京証券取引所市場第2部の上場廃止。
    • 4月2日 - 株式会社エイチアイと共同持株会社アートスパークホールディングス株式会社を設立。同社の完全子会社となる。
    • 5月31日 - イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」を発売
    • 7月10日 - セルシスが中国新設合弁会社を設立。社名は、廈門聯合優創網絡科技有限公司(UNICORN)
    • 12月20日 - イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」を発売
  • 2013年(平成25年)
    • 9月 - 「CLIP STUDIO PAINT」の全世界での発売を開始
  • 2016年(平成28年)
    • 12月 - 素材提供サービス「CLIP STUDIO ASSETS」を全世界に提供開始

商品一覧[編集]

ソフトウェア[編集]

ハードウェア[編集]

  • CLIP STUDIO TABMATE
  • QUMARION - 人型入力デバイス[1]

サービス[編集]

  • CLIP STUDIO | 創作活動応援サイト - クリエイターの活動をサポートするサイト。ソフトウェアやハードウェアの販売や、素材のダウンロード、ソフトウェアの使い方講座など。

電子書籍配信ソリューション[編集]

  • Checker
  • CLIP STUDIO READER - 「BS Reader」の名称を「CLIP STUDIO READER」へ変更。「CLIP STUDIO」ブランドに統一。[2]
  • Comicdc
  • Effector NEO
  • FreeFrame

旧製品[編集]

  • BS Reader - 以前は「ComicSurfing」と称していたが小説など文字中心の電子書籍が閲覧可能になったために発展的に名称をBookSurfingへ変更。さらに.book形式へ対応。
  • CLAYTOWN
  • CLIP STUDIO COORDINATE
  • ComicStudio
  • IllustStudio
  • NOVEL STUDIO
  • BOOK LINER
  • POSE STUDIO
  • PowerTone
  • Tab-Mate Controller

出典[編集]

関連項目[編集]

  • 田中圭一 (漫画家) - サラリーマン兼業漫画家として知られる人物でかつて所属していた。