セルヒオ・アルバレス・コンデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルバレス第二姓(母方の)はコンデです。
セルヒオ Football pictogram.svg
XXIII Memorial Quinocho (RC Celta vs Mainz 05) - 06 (cropped).jpg
セルタ・デ・ビーゴでのセルヒオ(2018年)
名前
本名 セルヒオ・アルバレス・コンデ
Sergio Álvarez Conde
ラテン文字 SERGIO
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-08-03) 1986年8月3日(32歳)
出身地 カトイラ
身長 179cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 セルタ・デ・ビーゴ
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
1999-2004 スペインの旗 セルタ・デ・ビーゴ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2011 スペインの旗 セルタ・デ・ビーゴB 167 (0)
2008-2009 スペインの旗 ラシン・フェロル 15 (0)
2011- スペインの旗 セルタ・デ・ビーゴ 137 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年7月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

セルヒオ・アルバレス・コンデSergio Álvarez Conde , 1986年8月3日 - )は、スペインガリシア州ポンテベドラ県カトイラ出身のプロサッカー選手プリメーラ・ディビシオンセルタ・デ・ビーゴに所属している。ポジションはGK

来歴[編集]

1999年に地元のセルタ・デ・ビーゴカンテラに入団。2004年にトップチームに昇格するも、当時はホセ・マヌエル・ピントが正GKを務めていたこともあり、Bチームでのプレーが主となり、2008-09シーズンはラシン・フェロルでのローン移籍も経験した。

2010-11シーズンに正式にトップチームに昇格。2011年6月4日のセグンダ・ディビシオンFCカルタヘナ戦で、トップチーム初出場[1]。翌2011-12シーズンは2位で終え、2012-13シーズンは2006-07シーズン以来となるプリメーラ・ディビシオンに復帰。10月5日のセビージャFC戦でトップリーグ初出場を果たし、2-0の完封勝利を達成[2]したが、数シーズンはハビ・バラスに控え役となる。

2014-15シーズンから正GKに定着。2014年11月1日のFCバルセロナ戦では、敵地カンプ・ノウで相手攻撃陣の猛攻に耐え、1-0の完封勝利という離れ業を達成[3]。同シーズンは全38試合フル出場。以降も正GKを死守し、『179cmの小さな守護神』として注目された。

しかし2017-18シーズンは、チームの不振で途中からルベン・ブランコに正GKの座を奪われ、17試合の出場に止まった。

脚注[編集]

  1. ^ Balaídos se reencuentra con el triunfo justo antes de la promoción”. MARCA (2011年6月4日). 2018年7月6日閲覧。
  2. ^ El Celta defiende su casa”. MARCA (2012年10月5日). 2018年7月7日閲覧。
  3. ^ セルタのアルバレス、バルサ撃破に「攻守両面で思い通りにできた」”. サッカーキング (2014年11月4日). 2018年7月7日閲覧。