セルビア・ディナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
セルビア・ディナール
српски динар / srpski dinar (セルビア語)
2000RSD front.jpg
ミルティン・ミランコビッチが描かれた2000ディナール札
ISO 4217
コード
RSD
中央銀行セルビア国立銀行
 ウェブサイトwww.nbs.rs
使用
国・地域
セルビアの旗 セルビア
インフレ率12.6%
 情報源National Bank of Serbia(2006年)
補助単位
 1/100パラ
通貨記号РСД 又は RSD (非公式的:дин. / din.)
硬貨
 広く流通1, 2, 5, 10, 20ディナール
 流通は稀50パラ
紙幣
 広く流通10, 20, 50, 100, 200, 500, 1000, 2000ディナール
 流通は稀5000ディナール
紙幣製造Institute for Manufacturing Banknotes and Coins - Topčider
 ウェブサイトwww.nbs.rs/export/internet/english/zin
硬貨鋳造Institute for Manufacturing Banknotes and Coins - Topčider
 ウェブサイトwww.nbs.rs/export/internet/english/zin

セルビア・ディナールセルビア語динар, динара通貨コード:RSD)はセルビア通貨。補助単位はパラ。現在のディナールはモンテネグロによる独立宣言の後、ユーゴスラビアが崩壊した2006年にユーゴスラビア・ディナールから兌換されたものである。モンテネグロとコソボ国内にあるセルビアとの係争地ではすでにドイツマルク(後にユーロに兌換)を採用していた。なおコソボ北部のセルビア人とその居住区ではディナールを使い続けている[1][2]

為替レート[編集]

現在のRSDの為替レート
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
Yahoo! Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
XE: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OANDA: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
fxtop.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

第一次世界大戦以前のディナール
先代:
複数の通貨
理由:複数の通貨による混乱を解決するため
比率:Latin Monetary Unionと等価
セルビアの通貨
1868 – 1918
次代:
KSCS/ユーゴスラビア ディナール
理由:セルボ・クロアート・スロヴェーヌ王国
比率:等価
第二次世界大戦時のディナール
先代:
KSCS/ユーゴスラビア・ディナール
理由:ドイツの占領地となったため
比率:等価
第二次世界大戦時のセルビアの通貨
1941 – 1945
次代:
ユーゴスラビア・ディナール
理由:第二次世界大戦終戦に伴い再統合
比率:1 ユーゴスラビア・ディナール = 20 セルビア・ディナール
ユーゴスラビア・ディナールの次の世代
先代:
ユーゴスラビア・ディナール
理由:セルビア・モンテネグロに名称変更のため (2003年2月4日)
比率:等価
セルビア(コソボ以外)の通貨
2003年7月2日
Note:2006年6月3日モンテネグロ
次代:
現在