セルリアンタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
セルリアンタワー
Cerulean Tower

セルリアンタワー

セルリアンタワーの位置(東京都区部内)
セルリアンタワー
情報
用途 オフィス、ホテル、公益施設、公衆浴場、観覧場、駐車場[1]
設計者 観光企画設計社・東急設計コンサルタント設計監理共同企業体[1]
構造設計者 構造計画研究所[1]
施工 東急建設[1]
建築主 東急(株)[1]
構造形式 S造、一部SRC造RC造[1]
敷地面積 9,408.86 m² [1]
建築面積 5,242.46 m² [1]
延床面積 106,000 m² [2]
階数 地上41階、地下6階、塔屋2階[2]
高さ 184m[2]
エレベーター数 38台[1]
駐車台数 375台 [1]
着工 1997年11月[1]
竣工 2001年3月[1]
所在地 150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号
座標 北緯35度39分23.29秒 東経139度41分58.09秒 / 北緯35.6564694度 東経139.6994694度 / 35.6564694; 139.6994694座標: 北緯35度39分23.29秒 東経139度41分58.09秒 / 北緯35.6564694度 東経139.6994694度 / 35.6564694; 139.6994694
テンプレートを表示
株式会社セルリアンタワー東急ホテル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1
設立 1999年12月13日
業種 サービス業
法人番号 2011001033416 ウィキデータを編集
事業内容 ホテル事業等
資本金 1,000万円
従業員数 350名(2018年2月現在)
テンプレートを表示

セルリアンタワー(Cerulean Tower)は、東京都渋谷区桜丘町26-1にある超高層複合ビル。レストラン、オフィス、ホテルなどで構成される。

1950年から1992年まで東京急行電鉄(現:東急株式会社)本社があった土地に建設された[3]2001年3月竣工[1][4]、同年4月にオープンした[3]

概要[編集]

渋谷1990年代に入ると、コギャルガングロといった若者文化の発信地として持て囃されたが、その一方でファミリー層や中高年層など大人にとっては以前と比べ訪れにくい街となり、地元も「購買力の高い客層を他の地域に奪われている」と危機感を募らせていた。東急はそうした声も踏まえ、新宿や品川に比べて圧倒的に少ないホテルオフィスを作り「大人の街・渋谷を復権し、幅広い年代の集まる渋谷に変えていこう」との構想に則り[5]、セルリアンタワーが建設された。

名称の「セルリアン」は”青空色の”という英語で「青空のように、爽やかで快い空間でありたい」「世界の人々が空を共有するように、グローバルに日本と世界を繋ぐ国際交流の拠点でありたい」という願いが込められ、「美しい生活環境を創造する」という東急グループの企業理念を反映させた[6]

地下6階・地上41階、高さ184m、延床面積106,000㎡で構成され、2019年11月開業の渋谷スクランブルスクエア東棟が完成するまで、渋谷における最高層建築であった[7]

外観は高層部はオフィス、ホテル基準階ともに正方形から渋谷駅に面する三角形を切り取った平面形から成り立ち、全体を単一窓のベーシックなデザインとし、駅側のファサードを横連層の窓で強調することで、渋谷駅への軸線を強調するととともに、副都心渋谷のシンボルとしてふさわしい独自性のあるデザインとした。低層部は街並みに調和し歩行者に圧迫感を与えないスケールでデザインされている[8]

中層4階から16階はオフィスおよびレストラン、低層の地下2階から地上3階、高層19階から40階は、東急ホテルズフラッグシップであるセルリアンタワー東急ホテル(客室数411室)が入居する[2]

かつて、渋谷インフォスタワーと共に渋谷ビットバレー界隈の一翼とされたオフィスには、GMOインターネットグループ、マスターカードインターナショナル日本法人などの本社オフィスが入居する。以前はオフィスフロアにGoogleの日本法人が入居していたが、手狭になったことから港区六本木ヒルズに移転した。その後、2018年に完成した渋谷ストリームのオフィスフロアに再移転し、渋谷に戻ってきた。

低層階にはセブン-イレブン渋谷セルリアンタワー店がある。また、成田空港・羽田空港間のリムジンバス東京空港交通)もホテル車寄せから発着している。

セルリアンタワー東急ホテル[編集]

2001年5月24日に、東急ホテルのラグジュアリークラスとして開業[2]東急ホテルズが100%出資するセルリアンタワー東急ホテルが運営する。

地下2階に「能楽堂」があり、日本伝統芸能を楽しめるほか、2階にはライブ演奏が楽しめるジャズスポット「JZ・Brat」、3階にはプールとジムのついたフィットネスクラブエステティックサロン等も設けた[9]。国際予約システムは、コンコルド・ホテル・アンド・リゾーツに加盟。

  • 部屋数・収容人員:411室[2]・744名
  • 施設:料飲施設8店舗、宴会場、結婚式場、会議室、美容・着付室、衣裳室、写真室、フィットネス、エステティックサロン、能楽堂、ジャズクラブ、キッズルーム、ティースケアサロン、ビジネスサロン、エグゼクティブサロン、リムジンバスのりば(羽田空港行き・成田空港行き)
  • チェックイン14時、チェックアウト12時

沿革[編集]

受賞歴[編集]

  • ミシュランガイド日本語版
    • 2007年(平成19年)11月20日発売。2008年版の「東京2008」の快適なホテル格付け順で、「黒い家マーク4つ」を獲得
    • 2008年(平成20年)1月21日発売。2009年版の「東京2009」の快適なホテル格付け順で、「黒い家マーク4つ」を獲得
    • 2009年(平成21年)11月20日発売。2010年版の「東京2010」の快適なホテル格付け順で、「黒い家マーク4つ」を獲得
    • 2010年(平成22年)11月27日発売。2011年版の「東京・横浜・鎌倉2011」の快適なホテル格付け順で、「黒い家マーク4つ」を獲得
    • 2011年(平成23年)12月2日発売。2012年版の「東京・横浜・湘南2012」の快適なホテル格付け順で、「黒い家マーク4つ」を獲得
  • エクスペディア
    • 「エクスペディア・インサイダーズ・セレクト2008」で、世界6位(国内1位)
    • 「エクスペディア・インサイダーズ・セレクト2011」で、世界13位(国内2位)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『近代建築』2001年8月号 p.85
  2. ^ a b c d e f g h “セルリアンタワー完成 全面オープンは来月24日”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2001年4月18日) 
  3. ^ a b 『都市再開発』 2001年3月号 p.46
  4. ^ 沿革 | 町会について” (日本語). 桜丘町会 | 渋谷区桜丘町. 2020年9月10日閲覧。
  5. ^ 「東京・新空間 21 セルリアンタワー 大人の街復権へ」読売新聞都民版 2001年9月27日
  6. ^ 『都市再開発』 2001年3月号 p.46 - 47
  7. ^ “東急など、渋谷「スクランブルスクエア」11月開業”. 日本経済新聞. (2019年4月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43578770Q9A410C1L83000/?n_cid=SPTMG002 2019年7月15日閲覧。 
  8. ^ 『都市再開発』 2001年3月号 p.47 - 48
  9. ^ 『都市再開発』 2001年3月号 p.49

関連項目[編集]