セル (エトルリア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セルCel)はエトルリア神話における地母神 。エトルリアのカレンダー上、セリ (9月)の起源となる。[1] ギリシャ神話ガイアおよびローマ神話テルースに相当する。

エトルリア神話において、セルは巨人たちの母とされる。[2] 紀元前5世紀の銅鏡に描かれている神々の戦いの中に、戦神であるラランの攻めを受けるセルスクラン(セルの息子)の姿が描写されている。他の銅鏡には、脚が蛇ととなっている巨人たちがセルであろう下半身が植物と化した女神を囲む風景が描かれている。[3]

また、トラジメーノ湖の近くに位置する聖域にて、Cel Ati (母なるセル)に奉納された小型な男女の銅像が発見されている。それぞれにmi celś atial celthi (この聖域にて、我は母なるセルに奉納されたものなり)と刻まれている。[4]

この他にも、エトルリアで実施されていた腸卜に用いる銅製器具、ピアチェンツァの肝臓(Liver of Piacenza)にも描かれている。この中で、セルは十三室に位置する。[5]

脚注[編集]

  1. ^ Nancy Thomson De Grummond, Etruscan Myth, Sacred History, and Legend (University of Pennsylvania Museum of Archaeology and Anthropology, 2006), p. 43, 106.
  2. ^ De Grummond, Etruscan Myth, p. 105.
  3. ^ De Grummond, Etruscan Myth, p. 105–106.
  4. ^ Giuliano Bonfante and Larissa Bonfante, The Etruscan Language: An Introduction (New York University Press, 2002, revised edition), p. 166.
  5. ^ Alessandro Morandi, Nuovi lineamenti di lingua etrusca (Massari, 1991)