セレン化マンガン(IV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
セレン化マンガン(IV)
識別情報
CAS登録番号 12299-98-8 または 524744-79-4 チェック
PubChem 83014
特性
化学式 MnSe2
モル質量 212.86 g/mol
外観 灰色無臭の粉末
密度 5.55 g/cm3, 固体
への溶解度 不溶
危険性
EU分類 not listed
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セレン化マンガン(IV)(Manganese(II) diselenide)は、化学式MnSe2無機化合物である。この珍しい固体化合物は、構造的には黄鉄鉱(FeS2)に似ている。セレン化マンガン(IV)は半導体となり正確な酸化数は記述できないが、黄鉄鉱とのアナログで、Mn2+とSe22-のイオンから構成されているとみなされることがある[1][2]

出典[編集]

  1. ^ "The Mn-Se (Manganese-selenium) System" Journal of Phase Equilibria , Volume 19, Number 6 , 12/1998 , pp.588-590, M. E. Schlesinger , online abstract via www.springerlink.com
  2. ^ The Crystal Structure of Manganese Diselenide and Manganese Ditelluride , Norman Elliott , J. Am. Chem. Soc., 1937, 59 (10) , pp 1958-1962 , online abstract via pubs.acs.org