セレーネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セレーネー、ヘスペロス、ポースポロス(パリルーヴル美術館

セレーネー古希: Σελήνη, Selēnē)は、ギリシア神話女神である。長母音を省略してセレネセレーネとも表記される。ローマ神話ルーナと同一視される。

概要[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によると、ヒュペリーオーンテイアーの娘[1]エーオースヘーリオスの姉妹。なお、ゼウスとセレーネーとの間の娘にパンディーアヘルセー、ネメアがいる。また、兄であるヘーリオスとの子供に四季の女神ホーラたちがいるので、ヘーラーに仕える4人の侍女であるともいわれる[2]

輝く黄金の冠を戴き、額に月をつけた絶世の美女で、銀の馬車に乗って夜空を馳せ行き、柔らかな月光の矢を放つ。月経と月との関連から動植物の性生活・繁殖に影響力を持つとされた。また、常に魔法と関係付けられた[3]。聖獣は驢馬、白い牡牛

後にアルテミスヘカテーと同一視された[4]。女神自身が3つの顔を持つという形で表現させることがあり、即ち、新しく生まれる三日月のアルテミス(処女・乙女)、満ちる豊穣の月のセレーネー(夫人・成熟した女性・母)、欠けていく暗い月のへカテー(老女)であるとされている[5]

恋物語[編集]

セレーネーの神話で一番有名なのは、美青年であるエンデュミオーンとの物語である。セレーネーは彼を愛し、ゼウスに願って彼に不老不死の永遠の眠りを与えたと言われる[6]。セレーネーは夢の中のエンデュミオーンと交わりを重ねて50人の娘・暦月の女神メーネたちを生んだ[7][8]

他には、牧神パーンもセレーネーの美貌に魅了され、恋い焦がれたことがあり、純白の羊毛皮を贈ってセレーネーを誘った[9]

ギャラリー[編集]

夢の中のエンデュミオーン (エドワード・ポインター/作, 1902)

出典[編集]

  1. ^ ヘーシオドス神統記』371行。
  2. ^ スミュルナのコイントス、10巻334。
  3. ^ 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店、143頁。
  4. ^ 松村一男/監修 『知っておきたい 世界と日本の神々』 西東社、43頁。
  5. ^ 石井ゆかり 『新装版 月のとびら』 CCCメディアハウス
  6. ^ アポロドーロス、1巻7・5。
  7. ^ パウサニアス、5巻1・4-5。
  8. ^ ロドスのアポローニオス、3巻533。
  9. ^ ウェルギリウス『農耕詩』3巻391行-93行。