セロビオースエピメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
cellobiose epimerase
識別子
EC番号 5.1.3.11
CAS登録番号 37318-37-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

セロビオースエピメラーゼ(Cellobiose epimerase、EC 5.1.3.11)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

セロビオース \rightleftharpoons D-グルコシル-D-マンノース

従って、この酵素の基質はセロビオース、生成物はD-グルコシル-D-マンノースである。

この酵素は、異性化酵素、特に炭化水素やその誘導体に作用するラセマーゼエピメラーゼに分類される。系統名は、セロビオース 2-エピメラーゼである。このような酵素は、壊死性筋膜炎のような多くの致死性の病気を促進するような症状を作り出すことができる。

出典 [編集]

  • Tyler TR, Leatherwood JM (1967). “Epimerization of disaccharides by enzyme preparations from Ruminococcus albus”. Arch. Biochem. Biophys. 119 (1): 363–7. doi:10.1016/0003-9861(67)90466-3. PMID 6069974.