センアーノ神戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
センアーノ神戸
団体種類 NPO法人
設立 2001年3月
所在地

〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中1丁目9番  

078-858-6961
活動地域 兵庫県神戸市
主眼 健全な青少年の育成と明るく楽しい地域活動
ウェブサイト http://yumeclub.org/
テンプレートを表示


センアーノ神戸(センアーノこうべ)は兵庫県神戸市東灘区に事務所を置くNPO法人日本スポーツ夢クラブが運営するサッカースクール・サッカーチームである[1]

概要[編集]

2001年3月に設立され、現在はセンアーノ神戸 ジュニア(U-12)、ジュニアユース(U-15)、ユース(U-18)と各年代でチームを編成しており、チームとは別に神戸市・芦屋市・西宮市の各地域11か所でのスクール、 神戸NKスクールを展開している。


・クラブ理念

『健全な青少年の育成と明るく楽しい地域活動』 『夢・感動』 『故郷』 『安全』 を意識し、人と人の交流を通じたスポーツ活動をする。 また、 『かけがえない/もったいない/ありがたい/楽しい』 をキーワードとして、 心の豊かさを醸成し、豊かな心を持ち合わせる国際人の育成を、 地域・父母・スタッフ・選手が一体となって目指す。

・チーム活動理念

①サッカー活動を通して監督・コーチ・選手各々が努力研鑽し、自らが誇れ、 満足する自分となることを目指す。

②努力する人は良い選手になれる。良い選手は良いチームを創れる。 良いチームは必ず強いチームになれる。

③クラブ理念達成のためにサッカーを通じた活動・行動・成果を自らが残し、地域の活性化に貢献する。

・チーム指導指針の5つの柱

①選手がいつの日か、サッカーをやっていて良かったと思える指導をする。

②小学生・中学生年代に必要と思われる人間性の育成をする。 <文武両立> <勇気ある向上心のある姿> <自立した自発的行動>

③地域・関係者と連携して選手個々の可能性を信じて挑ませ、個人の能力を最大限に 伸ばす努力をする。

④ユース年代のスタンダードとなる選手を育成する。

⑤日本一のチームを目指す。


沿革・主な戦績[編集]

・2001年3月 ジュニアユース(U15)設立

・2004年4月 ジュニア(U12)設立

・2004年8月 ジュニア(U12)が第28回全日本少年サッカー大会に兵庫県代表で出場 

・2005年   運営団体「NPO法人兵庫少年サッカー夢クラブ(現在のNPO法人日本スポーツ夢クラブ)が設立

・2007年4月 ユース(U18)が設立

・2007年8月 ジュニアユース(U15)が第22回日本クラブユース選手権大会に出場

・2008年8月 ジュニアユース(U15)が第23回日本クラブユース選手権大会に出場 全国ベスト8

・2008年11月 ジュニアユース(U15)が高円宮杯 第20回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 全国ベスト16

・2008年12月 ユース(U18)が2008年Jユースカップ全国大会に出場

・2010年12月 ユース(U18)が2010年Jユースカップ全国大会に出場 全国ベスト16

・2014年8月 ユース(U18)が日本クラブユースサッカー選手権全国大会に出場

・2014年12月 ユース(U18)が2014年Jユースカップ全国大会に出場 

・2015年8月 ユース(U18)が日本クラブユースサッカー選手権全国大会に出場

・2015年12月 ユース(U18)が2015年Jユースカップ全国大会に出場

・2016年8月 ユース(U18)が日本クラブユースサッカー選手権全国大会に出場

・2016年8月 ジュニア(U12)がJFAバーモントカップ第26回全日本U12フットサル選手権に出場 全国優勝   

・2016年12月 ユース(U18)が2016年Jユースカップ全国大会に出場

・2016年12月 ジュニア(U12)がJFA第40回全日本少年サッカー大会に出場 全国優勝

・2017年8月 ユース(U18)が日本クラブユースサッカー選手権全国大会に出場

・2019年5月  ジュニア(U12)がJA全農杯 全国小学生選抜サッカー大会に出場 全国優勝


出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]