センタム駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
センタム駅
センタム駅正面(2017年2月現在)。
センタム駅正面(2017年2月現在)。
센텀
センタム
Centum
K117 栽松 (1.0km)
(1.4km) BEXCO K119
所在地 釜山広域市海雲台区海雲台路 210
位置座標
駅番号 K118
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
所属路線 東海電鉄線
キロ程 14.0km(釜山鎮起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1935年7月15日
センタム駅
各種表記
ハングル 센텀역
漢字 센텀驛
片仮名
(現地語読み仮名)
セントムニョク
英語 Centum Station
テンプレートを表示

センタム駅(センタムえき)は、大韓民国釜山広域市海雲台区栽松洞にある韓国鉄道公社(KORAIL)東海線(旧東海南部線)のである。

駅構造[編集]

1 東海線 釜田方面
2 広域電鉄 釜田方面
3 広域電鉄 太和江方面
4 東海線 太和江・慶州方面

駅周辺[編集]

  • センタム初等学校
  • センタム中学校
  • センタム高等学校
  • 新韓銀行センタムパーク店
  • ウリィ銀行センタムパーク支店

歴史[編集]

  • 1935年7月15日 - 水営駅(スヨンえき)として現在の海雲台区佑洞1215-33で開業。
  • 2011年10月5日 - 旅客扱い中止。
  • 2013年12月2日 - 複線電鉄化工事に伴い、北へ約1.5kmの同区栽松洞に設置された高架新線上に移転。
  • 2015年10月12日 - 東莱駅の旅客扱い中止に伴い、新設駅で旅客扱いを再開。
  • 2016年
    • 4月29日 - センタム駅への改称、路線の東海線編入告示(施行は広域電鉄開業時)[1]
    • 12月30日 - 電化とともに新駅名に改称、東海電鉄線運行開始。新海雲台駅との間にBEXCO駅が開業[1]

ギャラリー[編集]

※特に断りの無い場合、2016年7月時点。

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
東海線
ムグンファ号
釜田駅 - センタム駅 - 新海雲台駅
広域電鉄東海線
栽松駅 - センタム駅 - BEXCO駅

その他[編集]

駅名標。誤訳の中国語表記にシールが貼られる。

脚注[編集]

関連項目[編集]