センタータンクレイアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

センタータンクレイアウトとは、本田技研工業が小型乗用車に採用している燃料タンク搭載方法である。

概念[編集]

小型車の車内に大型の荷物(スノーボードや自転車など)の積載を可能にするにあたり、「居住性を確保しかつ車体寸法は拡大しない」という課題をクリアすべく、考案した燃料タンク配置の方法を示す。

燃料タンクは通常、後部座席下や背後などに配置されることが多いが、そのため、後部座席の可動範囲や荷室容積の確保に制限が加わる。しかし、燃料タンクを薄型樹脂製にし車両中央(前部座席下)に配置することにより、後部座席を従来燃料タンクがあった部分に収納できるため、車室内を荷室等へ転用することが容易になった。

このレイアウトの採用により、フィットの場合、後部座席の収納スペースは、同クラスの小型車の約1.7倍(2人乗車時)にまで広がった。中型車に対しても薄型樹脂製燃料タンクの技術は応用され、低床低重心化に貢献している。

採用車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 知的財産権(一部特許権)の関係上、前席下への燃料タンクの配置がホンダからの技術供与である旨がカタログに記載されていた。