センチメンタルヤスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

センチメンタルヤスコ』は、劇団CORNFLAKESによる日本の演劇作品、およびそれを原作とした2012年に公開された日本映画

概要[編集]

意識不明で入院した女性とその恋人だった7人の男性の間を巡るサスペンス作品。作・演出は堀江慶2006年7月15日 - 7月22日に堀江が主宰する劇団CORNFLAKESの旗揚げ作品として東京芸術劇場小ホール2にて上演。中村亀鶴小田茜小田井涼平椿隆之松山鷹志芽映はるか田中優樹らが出演。2009年6月23日 - 7月1日には同劇団の第5回公演「センチメンタルヤスコ2009」として笹塚ファクトリーにて再演された。

あらすじ[編集]

何者かによって首を絞められ、意識不明で救急病院に搬送され入院したヤスコ。容疑者として浮上した彼女の恋人だった7人の男が病院に呼び出され、次々と彼女の過去や謎が明らかになっていく。

映画[編集]

センチメンタルヤスコ
監督 堀江慶
脚本 堀江慶
製作 吉田正大
出演者 岡本あずさ
池田成志
滝藤賢一
和田正人
山崎一
音楽 三枝伸太郎
主題歌 May J.「Only one」
撮影 藤本光明
編集 鈴木真一
配給 る・ひまわり
公開 日本の旗 2012年4月21日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2012年4月21日よりユーロスペースほかで公開。『ベロニカは死ぬことにした』の堀江慶監督が自ら主宰する劇団の舞台劇を映画化。コメディ色の強かった舞台版から一転し、人間の奥深い心理や闇に焦点を当てた作品となっている[1]。主演は岡本あずさで、本作が映画初単独主演作となる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作・脚本・監督:堀江慶
  • 企画・製作:吉田正大
  • エグゼグティブ・プロデューサー:平山英昭
  • ラインプロデューサー:中林千賀子
  • 撮影:藤本光明
  • 照明:松本憲人
  • 録音:シネマ サウンド ワークス
  • 編集:鈴木真一
  • 音楽:三枝伸太郎
  • 美術・装飾:飯原広行、岩本一成
  • ヘアメイク:坂本美由紀
  • 衣裳:馬場恭子
  • 助監督:落合崇
  • 制作担当:武田祥
  • 製作プロダクション:CORNFLAKES
  • 制作協力:ブースタープロジェクト
  • 協力:SEA Design、pyxis
  • 配給・宣伝:る・ひまわり

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『センチメンタルヤスコ』 インタビュー:堀江慶監督、愛を注ぐ存在によって到達した究極のエンディング(2012年4月17日、映画.com)