センティピード (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
センティピード
Centipede
ジャンル 固定画面シューティング
対応機種 アーケードゲームApple IIAtari 2600Atari 5200Atari 7800Atari 8ビット・コンピュータBBC Microコレコビジョンコモドール64IBM PCインテレビジョンTI-99/4AVIC-20
開発元 アタリ
発売元 アタリ
アタリソフト
[BBC]Superior Software
日本の旗 サンリツ電気
デザイナー エド・ロッグ
ドーナ・ベイリー
人数 1人~2人(交互プレイ)
発売日 [AC]1980年
[2600]アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 1982年
[5200]アメリカ合衆国の旗 1982年
[7800]アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 1987年
筐体 [AC]アップライト、カクテル筐体
CPU 1x MOS Technology 6502 @ 1.512 MHz
サウンド 1x Atari POKEY @ 1.512 MHz
ディスプレイ 240×256, 画面縦置き, 16色パレット
テンプレートを表示

センティピード』(Centipede)は、アタリより1980年アーケードゲームとして発売された縦画面の固定画面シューティングゲーム。日本ではサンリツ電気より発売された。

概要[編集]

ゲームデザインはエド・ロッグ英語版ドーナ・ベイリー英語版。 プレイヤーは上空からプレイフィールドに降りてくるセンティピード(ムカデ)、サソリ、ノミなどと戦う。

アタリの8ビットゲーム機アタリ2600アタリ5200アタリ7800に移植された。また、アタリソフトレーベルでApple IIコモドール64コレコビジョンVIC-20IBM PCPC booter英語版インテレビジョンTI-99/4Aでも発売された。スペリオル・ソフトウェア英語版によってBBC Microでも発売されている。

ゲーム[編集]

プレイヤーは画面の下の方に位置する人間のような頭をしたキャラクターを操作する[1]。後に、アタリ2600、5200、7800用のカートリッジではエルフのようなキャラクターが描かれている。トラックボールで移動、ボタンでレーザーを発射し攻撃する。センティピード(ムカデ)はマッシュルームが多数生えたフィールドに上空から左右に移動しつつ降りてくる。ムカデの胴体を攻撃すると、2つに分裂し、別々に動く。ムカデの頭部を撃つと、マッシュルームになる。

マッシュルームは動かず、攻撃もしてこないが、4発撃つと破壊できる。

ムカデなどの虫にプレイヤーが接触するとミスになる。プレイヤーの残機が無くなるとゲームオーバーになる。

アーケード機

得点[編集]

  • マッシュルーム:1ポイント(攻撃で破壊)、5ポイント(プレイヤーが敵に接触して破壊した時)
  • ムカデ:10ポイント(ボディ)、100ポイント(ヘッド)
  • ノミ:200ポイント
  • クモ:300、600、900ポイント(プレイヤーとの距離によって変化)
  • サソリ:1000ポイント

スコアが10,000、12,000、15,000、20,000に達すると残機が増える。このゲームにおける最高得点は999,999ポイント。

その他のメディア[編集]

  • 1982年に(日本では1984年)続編的位置付けの業務用ゲーム「ミリピード」(Millipede)がリリースされている。
  • 映画『ピクセル』に本作が登場している[2]

出典[編集]

  1. ^ Centipede Operation, Maintenance, and Service Manual. Sunnyvale, California: Atari, Inc.. (1981年). p. 13. TM-182. 
  2. ^ Classic video game characters unite via film 'Pixels'”. Philstar (2014年7月23日). 2014年7月23日閲覧。