8番街 (マンハッタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
32丁目の北側に面する
148丁目の警察地区6

8番街英語: Eighth Avenue)は、ニューヨーク市マンハッタンの西側を南北に走る通りであり、北向きの一方通行である。8番街は、ウェスト・ヴィレッジ地区のアビングドン・スクエア(ハドソン・ストリートがブレーカー・ストリートとの交差点で8番街になる)で始まり、チェルシー、ガーメント・ディストリクト、ヘルズ・キッチンの東端、ミッドタウンブロードウェイシアター・ディストリクトの44ブロックを通って北に向かい、その後コロンバス・サークル(59丁目)で終了する。

8番街は、1954年6月6日以来、北向きの一方通行となった[1]

コロンバス・サークル以北は、セントラルパークに沿った両面通行の、セントラルパーク・ウェスト(Central Park West)となる。110丁目のフレデリック・ダグラス・サークル以北は、フレデリック・ダグラス・ブールバード(Frederick Douglass Boulevard)となるが、非公式にときどき、8番街とも呼ばれる[2]。フレデリック・ダグラス・ブールバードは、西159丁目付近のハーレム・リバー・ドライブ、ハーレム川の近くで終了する。この通りは、マンハッタンの多数の地点で、それぞれ異なる名称を持っているが、実際には1本の連続的な道である。

ニューヨーク市地下鉄IND8番街線は、8番街の下を走っている。

1990年代より、8番街が通るグリニッジ・ヴィレッジや、通りが接するチェルシー地区などに、ゲイ用のレストランやバーなどが集まり、市内のゲイの中心地となった。実際に、ニューヨーク市の例年のゲイ・パレードは、グリニッジ・ヴィレッジの8番街に沿って行われる。さらに、ルドルフ・ジュリアーニ市長政権下で、タイムズスクエアに加えて家族に優しく環境が改善されるまでの、1960年代、1970年代、及び1980年代にかけて、42丁目から50丁目の8番街は、規定によらない歓楽街となっていた。

8番街沿いの著名なブロックやブロック内の名所には、次のようなものが含まれる:

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ingraham, Joseph (1954年6月7日). “7TH AND 8TH AVES. SHIFT TO ONE-WAY”. The New York Times. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=FB0C14F93A55107B93C5A9178DD85F408585F9 2012年8月28日閲覧。 
  2. ^ 例としてフレデリック・ダグラス・ブールバード区間にあるINDコンコース線155丁目駅の副駅名は「155丁目-8番街駅」となっている
  3. ^ http://www.nytimes.com/1997/11/19/nyregion/commercial-real-estate-behemoth-of-a-building-is-set-for-a-tenant-influx.html?emc=eta1


座標: 北緯40度48分59秒 西経73度56分48秒 / 北緯40.81651度 西経73.94654度 / 40.81651; -73.94654