セント・ヘレンズ (マージーサイド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セント・ヘレンズ
St Helens
イングランドの旗
St Helens Photo Montage.jpg
座標 : 北緯53度27分 西経02度44分 / 北緯53.450度 西経2.733度 / 53.450; -2.733
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗イングランド
 リージョン ヨークシャー・アンド・ザ・ハンバー
 カウンティ マージーサイド
 ディストリクト セント・ヘレンズ (大都市バラ)
 タウン セント・ヘレンズ
人口
人口 (2006現在)
  タウン域 72,514人
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間 (UTC+0)
夏時間 西ヨーロッパ夏時間 (UTC+1)
郵便番号 WA11, WA10, WA9
市外局番 01744

セント・ヘレンズ (St Helens) は、イングランドマージーサイドにあるタウンである。行政上は大都市バラのセント・ヘレンズに属し、その中心部分を占めている。2001年の国勢調査によるタウンの人口は102,629人、周辺のエリアを含めた大都市バラのセント・ヘレンズの人口は176,843人であった。タウンが大都市バラに組み入れられたのは1868年であった。

18、19世紀の産業革命において、エリアは急速に発展し、炭鉱、ガラス加工業の重要な中心地となった。この時期、綿織物、リネン産業の中心地でもあり、19世紀中頃まで続いた。更には、塩業、石灰坑、銅精錬業、ビール醸造業も盛んであった。

多くの産業は衰退したり、時代遅れになったり、資源が枯渇したりしたが、ガラス産業において、世界有数のメーカーであるピルキントンは、セント・ヘレンズに本社を持ち、現在でも多くの雇用を産み出している。また以前、セント・ヘレンズには、世界有数の製薬メーカーのグラクソ・スミスクラインの前身となるビーチャム・グループの本社もあった。

出身人物[編集]

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]