セントーサ・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セントーサ・エクスプレス
SentosaExpress Purple.JPG
基本情報
シンガポールの旗 シンガポール
所在地 セントーサ島
種類 跨座式モノレール
駅数 4駅
開業 2007年1月15日
運営者 セントーサ・デベロップメント・コーポレーション
路線諸元
路線距離 2.1 km
テンプレートを表示
Train pulling into Imbiah Station
SentosaExpress.JPG

セントーサ・エクスプレス英語Sentosa Express中国語: 圣淘沙捷运)は、シンガポール島と、シンガポール南部の島、セントーサ島を結んで運行されている跨座式モノレール

運行はセントーサ・デベロップメント・コーポレーション (SDC)。

[編集]

  • Station 1: Sentosa(セントーサ)
シンガポール島南部にある駅で、大型ショッピング・センター「Vivo City」の3階(Level 3)に直結する形で位置している。他の3駅は可動式ホーム柵が設置されているのに対し、当駅のみフルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。建物の地下2階(Level B2)にはMRTハーバー・フロント駅があり、建物内でMRT北東線環状線に乗り換えが可能。
  • Station 2: Waterfront(ウォーターフロント)
2007年に既に建設しておいた駅施設を撤去後、建設し直して、2010年2月1日に開業。
  • Station 3: Imbiah(インビア)
  • Station 4: Beach(ビーチ)

概要[編集]

セントーサ・エクスプレスの開業により、セントーサ島へのアクセスが増えた。7時から24時まで運行している。ウォーターフロント駅が未開業の間、駅名案内板の日本語表記には「フューチャー・デベロップメント」と未開業を表す英語がそのまま使われていた。

セントーサ駅から乗車する場合のみ、セントーサ島への入島料が必要となる。島内の駅には改札はなく、無料で乗車できる。

沿革[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]