セン事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「詹事」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

詹事(せんじ)は前漢の官職名。皇后の家を掌る皇后詹事、皇太子の家を掌る太子詹事があった。官秩は二千石で丞がいた。宦官たちは詹事に属した。『続漢書』百官志によると詹事は宦官が就任した。

属官には太子率更、家令、僕、中盾、衛率、廚厩、中長秋、私府、永巷、倉、蔵、厩、祠祀、食官があった。

成帝鴻嘉3年に廃止され、職務は大長秋に併合された。

また皇太后の家を掌る長信詹事もあったが、景帝中6年に長信少府と改称された。

参考文献[編集]