セヴン・ターンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セヴン・ターンズ
オールマン・ブラザーズ・バンドスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ブルースロックサザン・ロック
時間
レーベル エピック・レコード
プロデュース トム・ダウド
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 19位(ノルウェー[1]
  • 53位(アメリカ[2]
オールマン・ブラザーズ・バンド 年表
Live at Ludlow Garage: 1970
(1990年)
セヴン・ターンズ
(1990年)
シェイズ・オブ・トゥ・ワールズ
(1991年)
テンプレートを表示

セヴン・ターンズ』(Seven Turns)は、アメリカ合衆国ロックバンドオールマン・ブラザーズ・バンド1990年に発表したスタジオ・アルバム。バンドが新たに契約を得たエピック・レコードから発売された[3]

背景[編集]

オールマン・ブラザーズ・バンドは1989年に2度目の正式な再結成を果たし、オリジナル・メンバー4人と新メンバーのウォーレン・ヘイズ(既にディッキー・ベッツのソロ・プロジェクトに参加していた)、ジョニー・ニール、アレン・ウッディによる7人編成で結成20周年を記念するツアーを行った[4]。そして、1990年には同じラインナップで本作を録音するが、ジョン・ニールは最終的に短期間で脱退した[4]

反響[編集]

母国アメリカでは、本作がBillboard 200で53位に達し、前スタジオ・アルバム『ブラザーズ・オブ・ザ・ロード』(1981年)以来の全米トップ100アルバムとなった[2]。また、『ビルボード』のメインストリーム・ロック・チャートでは「グッド・クリーン・ファン」が1位、「セヴン・ターンズ」が12位、「イット・エイント・オーヴァー・イェット」が26位を記録した[2]

ノルウェーのアルバム・チャートでは2週連続トップ20入りして、最高19位を記録した[1]

評価[編集]

「トゥルー・グラヴィティ」は、第33回グラミー賞で最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞にノミネートされた[5]

Bruce Ederはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け、アルバム全体に関して「ブルースを基盤とした路線の作品としては『アイドルワイルド・サウス』以来の傑作で、彼らの評価を大いに取り戻すこととなった」、「トゥルー・グラヴィティ」に関して「オーネット・コールマン的」「彼らのインストゥルメンタルとしては"Jessica"以来の傑作」と評している[6]。また、デヴィッド・ブラウンは1990年8月9日付の『ローリング・ストーン』誌のレビューで5点満点中4点を付け「彼らが1980年代前期にアリスタから発表した2枚のアルバムに見られた、生ける屍の如き虚飾が排除され、その代わり、過去の栄光を鮮やかに再創造してみせた。『セヴン・ターンズ』は歴史的偉業ではなく、『イート・ア・ピーチ』や『ブラザーズ&シスターズ』に匹敵する瞬間こそないが、見事なプロフェッショナリズムを楽しめる」と評している[7]

収録曲[編集]

  1. グッド・クリーン・ファン "Good Clean Fun" (Gregg Allman, Dickey Betts, Johnny Neel) – 5:08
  2. レット・ミー・ライド "Let Me Ride" (D. Betts) – 4:36
  3. ロー・ダウン・ダーティ・ミーン "Low Down Dirty Mean" (D. Betts, J. Neel) – 5:30
  4. シャイン・イット・オン "Shine It On" (D. Betts, Warren Haynes) – 4:51
  5. ローデッド・ダイス "Loaded Dice" (D. Betts, W. Haynes) – 3:29
  6. セヴン・ターンズ "Seven Turns" (D. Betts) – 5:05
  7. ギャンブラーズ・ロール "Gambler's Roll" (W. Haynes, J. Neel) – 6:44
  8. トゥルー・グラヴィティ "True Gravity" (D. Betts, W. Haynes) – 7:58
  9. イット・エイント・オーヴァー・イェット "It Ain't Over Yet" (Doug Crider, J. Neel) – 4:55

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

  • マーク・モリス - パーカッション
  • デュアン・ベッツ - ギター(on #8)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b norwegiancharts.com - The Allman Brothers Band - Seven Turns
  2. ^ a b c The Allman Brothers Band - Awards”. AllMusic. 2016年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月4日閲覧。
  3. ^ Eder, Bruce. “The Allman Brothers Band - Biography & History”. AllMusic. 2018年6月4日閲覧。
  4. ^ a b Allman Brothers Band Lineup Changes: A Complate Guide”. Ultimate Classic Rock. Loudwire Network. 2018年6月4日閲覧。
  5. ^ Allman Brothers Band - Artist”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2018年6月4日閲覧。
  6. ^ Eder, Bruce. “Seven Turns - The Allman Brothers Band”. AllMusic. 2018年6月4日閲覧。
  7. ^ Browne, David (1990年8月9日). “Seven Turns”. Rolling Stone. 2018年6月4日閲覧。