セーザル・アパレシド・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セーザル Football pictogram.svg
名前
本名 セーザル・アパレシド・ロドリゲス
César Aparecido Rodrigues
ラテン文字 CÉSAR
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1974-10-24) 1974年10月24日(43歳)
出身地 サンパウロ
身長 181cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF (LMF)
利き足 左足
ユース
1983-1992 ブラジルの旗 フェローリョ
1992-1994 ブラジルの旗 ジュベントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 ブラジルの旗 ジュベントス
1998 ブラジルの旗 ウニオン・バルバレンセ
1998-2001 ブラジルの旗 サンカエターノ 31 (8)
2001-2006 イタリアの旗 ラツィオ 86 (13)
2006 イタリアの旗 インテル (loan) 8 (1)
2006-2008 イタリアの旗 インテル 17 (1)
2006-2007 ブラジルの旗 コリンチャンス (loan) 13 (1)
2007 イタリアの旗 リヴォルノ (loan) 9 (1)
2008-2009 イタリアの旗 ボローニャ 6 (0)
2009-2010 イタリアの旗 ヴァッレ・デル・ジョヴェンコ英語版 16 (3)
代表歴
2001 ブラジルの旗 ブラジル 2 (0)
監督歴
2011-2012 イタリアの旗 ラツィオ U-15
2012-2013 イタリアの旗 ラツィオ U-17
2013-2014 イタリアの旗 フロジノーネ U-17
2018- イタリアの旗 サマゴール U-15
1. 国内リーグ戦に限る。2018年8月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

セーザル (César) ことセーザル・アパレシド・ロドリゲスCésar Aparecido Rodrigues, 1974年10月24日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

1992年、CAジュベントスでキャリアをスタート。クラブの昇格を経験する一方で、運営資金の窃盗に関与したとして1994年から1998年までの5年4ヶ月間を刑務所で過ごす。そのためSSラツィオへ移籍する際には新聞に「刑務所からラツィオへ移籍」と掲載された。

ラツィオでは長らく主力として活躍したが、2006年の1月にインテル・ミラノにローンで加入。シーズン終了後にインテルへ完全移籍したものの、2006-07シーズンの開幕前にブラジルのSCコリンチャンス・パウリスタへ期限付きで移籍した。2007年1月からはイタリアに復帰し、ASリヴォルノ・カルチョでプレー。2007-08シーズン前の移籍市場で2年振りにインテルに復帰した。復帰後はプレシーズンマッチでの活躍もあり、シーズン前半は貴重な戦力となった。しかしながら中盤の負傷選手が復帰し、システムが4-3-1-2で固定されると出番がなくなり、2008年5月のロベルト・マンチーニ監督の退陣とともに再度戦力外となった。

同年11月に元インテルのアシスタントコーチで、ボローニャFCの監督を務めていたシニシャ・ミハイロヴィチ監督の要望を受け、同クラブに加入することが決定している。

その後、下部リーグのクラブでプレーしていたが、クラブは2010年に破産し退団を余儀なくされ、2011年に現役を引退。

代表歴[編集]

2001年にブラジル代表として2試合出場している。

指導歴[編集]

現役引退後は古巣ラツィオの下部組織で指揮を執る。2018年3月19日、USサマゴールのU-15部門に招聘された[1]

タイトル[編集]

ウニオン・バルバレンセ
サンカエターノ
  • カンピオナート・パウリスタ・セリエA2 : 2000
ラツィオ
インテル

脚注[編集]

  1. ^ Samagor, l'ex Lazio Cesar sulla panchina dei Giovanissimi regionali”. Corriere dello Sport (2018年3月19日). 2018年8月22日閲覧。