セーラ・ロウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セーラ・ロウエル
本名 石井 セーラ
別名義 セーラ
生年月日 (1960-12-30) 1960年12月30日
没年月日 (2011-06-28) 2011年6月28日(50歳没)
出生地 日本の旗神奈川県横浜市
死没地 日本の旗東京都
国籍 日本の旗 日本
血液型 A型
職業 ファッションモデル女優
ディスクジョッキー
活動期間 1973年 - 1987年
2008年 - 2011年
配偶者 有(2007年再婚)
著名な家族
主な作品
テレビドラマ
天皇の料理番
Gメン'75
その他のテレビ番組
11PM
MTV:Music Television
ラジオ番組
DIATONE ポップスベストテン

セーラ・ロウエル(SARAH VERA LOWELL[1]1960年12月30日 - 2011年6月28日)は、タレントモデル。血液型・A型。本名・石井セーラ(いしいセーラ)[2][3]。初期の一時期はセーラという名で活動していた。

来歴[編集]

1960年神奈川県横浜市にアメリカ人の父と日本人の母の間に生まれる。12歳の時に渋谷でスカウトされ、モデルデビュー。雑誌「セブンティーン」の専属モデルを務めた後、1979年に『11PM』のカバーガールを務め、人気を集める[2]。その後ラジオ番組のDJや『MTV:Music Television』のVJをはじめ、司会・リポーターなどで活躍。1987年に実業家と結婚してからは主婦業に専念するも、のちにその実業家が他界。2007年オスカープロモーションに所属していた当時のマネージャーと再婚した[2][3][4]。2008年に雑誌「クロワッサン」746号の特集記事「カラダの中から輝く美容法。」に登場。2009年からタレント活動を本格的に再開した。

2009年に病院での検査でがんが見つかり、手術や抗がん剤治療を続けながら入退院を繰り返していたが、2011年6月28日午前0時30分、子宮頸癌のため東京都内の病院で死去[2][3]。50歳没。戒名鳳月惺良大姉(ほうげつせいらだいし)[5]

人物[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ドラマ
声優
音楽番組
バラエティー・ワイドショー番組

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

  • さわこの恋 上手な嘘の恋愛講座  (1990年) ‐ 堤素子 役 

雑誌[編集]

レコード(シングル盤)[編集]

  • レイニィボーイ1013mb(1979年、日本フォノグラム)※セーラ & STUDS名義
  • KISS ME QUICK!(1980年、日本フォノグラム)
  • Get The Sun(1981年、フィリップスレコード)※ダイハツ・シャレード・イメージソング

脚注[編集]

  1. ^ 1987年出演「an」CMで表記。
  2. ^ a b c d SANSPO.COM (2011年6月29日). “セーラ・ローエルさん、子宮がんのため死去”. 2011年6月29日閲覧。
  3. ^ a b c nikkansports.com (2011年6月29日). “セーラ・ロウエルさん死去…50歳で”. 2011年6月29日閲覧。
  4. ^ Sponichi Annex (2011年7月3日). “セーラ・ローエルさんに山田洋次監督らが最後の別れ”. 2011年7月4日閲覧。
  5. ^ スポーツ報知 (2011年7月2日). “セーラ・ロウエルさん通夜 130人がお別れ”. 2011年7月2日閲覧。
  6. ^ a b 「美女放談」より。