ゼスト御池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゼスト御池
Zest Oike
店舗概要
所在地 京都市中京区御池通
開業日 1997年(平成9年)10月4日
施設管理者 京都御池地下街株式会社[1]
延床面積 32,120 m²
商業施設面積 4,500 m²
店舗数 52店
駐車台数 980台
最寄駅 京都市営地下鉄東西線京都市役所前駅
外部リンク 公式ウェブサイト

ゼスト御池(Zest、ぜすとおいけ)は、京都市中京区御池通地下[1]、おおよそ河原町通から御幸町通にある地下街。京都では京都駅前地下街ポルタに次いで2番目の本格的な地下街である[1]1997年(平成9年)に開業。

概要[編集]

地下1階の1フロアのみで構成されていて52店舗が入っており、書店からファッション飲食店と様々である。

京都市営地下鉄東西線京都市役所前駅の改札口に直結している[1]

主な店舗に、ふたば書房、無印良品などがある。

京都市の第三セクターである京都御池地下街株式会社が管理運営をしており、京都市中心部では最大の地下駐車場を併設している[1]

この地下駐車場は制度上は「ゼスト御池駐車場」と京都市から事業委託を受けている市営「京都市御池駐車場」が併設されている形となっているが、管理は一元化されているため利用者には特に意識する部分はない。

京都市営地下鉄東西線京都市役所前駅の改札口に直結していて京都市中心部では最大の地下駐車場を併設する[1]など、一見、立地的には恵まれているようだが、駐車場の歩行者出入り口とは逆方向、中心繁華街からは微妙に離れているなど商業的な立地条件は悪く、過去にも多くのテナントの撤退などもあり収益は芳しくない。京都市の補助に関連して住民訴訟を受けるなどしている。

そのため、2012年(平成24年)10月にスーパーマーケットMISUGIYAのほか、食をテーマとする店舗や生活必需品を扱う店舗を導入し、新装開業した[2]

こうしたテコ入れ策の効果もあり、2014年(平成26年)度には年間来街者数が約1010万人となると共に、テナント41店舗の合計売上高も約25.7億円となり、共に過去最高となった[3]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 屋内測位普及発展に関する調査研究報告書 (Report). 財団法人ニューメディア開発協会. (2009-3). 
  2. ^ “ゼスト御池集客最高 12年度860万人、「食」中心に店舗新装”. 京都新聞. (2013年9月5日). http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20130905000188 
  3. ^ “ゼスト御池に過去最多1010万人 昨年度の来街者数”. 京都新聞. (2015年7月3日). http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150703000129