ゼムラ蜂起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゼムラ蜂起(ぜむらほうき, 英語:Zemla Intifada) は、1970年6月17日に起きた騒乱のことを指す。現在の西サハラであるスペイン領サハラアイウンにあるゼムラ地区で、スペイン軍による虐殺で終結した。[要出典]アルジェリアの支援を受けるポリサリオ運動によって使用される名称である。

秘密団体であるハラカト・タハリールの創設者ムハンマド・バシリ英語版を含む指導者たちは、スペイン総督ホセ・マリア・ペレススペイン語版(ホセ・マリア・ペレス・デ・レマ・イ・テヘロ, José María Pérez de Lema y Tejero)に対し、サハラウィー人英語版独立と公正な扱いを求める請願書を手渡すためにデモを行った。彼らは、請願書を読むことを認められたが、デモが解散すると、警察は指導者たちを逮捕しようとした。デモの参加者は警察を押し戻し、警察が警棒での暴行を開始したとき、デモ側からの投石が始まった。スペイン側はスペイン外人部隊(Spanish Foreign Legion)を呼び発砲、少なくとも11人が死亡し、多数が負傷、数百名が逮捕された。[要出典]

虐殺から数日後、スペインの治安部隊によって、ハラカト・タハリールの活動家、バシリが追跡、拘留された。バシリは牢獄での拘留中に「強制失踪英語版」した。[要出典]

ゼムラでのデモをスペインの治安部隊が武力で鎮圧したことは、西サハラのサハラウィー人の反植民地運動(Anti-colonialism)武力闘争に駆り立てた。3年後、サハラウィー人の軍事ナショナリスト団体ポリサリオ戦線が結成された。[要出典]

現在、アルジェリアティンドゥフ(Tindouf)のポリサリオの支持者は、6月17日をデモの記念日としている。[要出典]