ゼラチンアレルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ゼラチンアレルギーとは、ゼラチンアレルギー源として発症する食物アレルギーの一種。

概要[編集]

ゼラチンアレルギーとは、様々なものに含まれるゼラチンという物質がもとでアレルギー症状を起こすアレルギーの一種。
世界の100万人に約30人しかいないとされる非常に稀有なアレルギー。
食物に混入しているゼラチンはで低アレルギー化するため、ゼラチンアレルギー患者でも重度な症状を起こすことは稀である。
しかし、注射液の安定剤などにもゼラチンが含まれているため、注射などで体内に直接入ってくるゼラチンは低アレルギー化されないために重度になる可能性がある。
ひどくなると、呼吸困難などを引き起こし死に至る場合がある。

アレルギー発症物質[編集]

ゼラチンが混入しているもの (例)グミベーコンマシュマロゼリー、注射液安定剤など。

予防法[編集]

  • ゼラチンの混入しているものは極力避ける。
  • たとえインフルエンザの予防注射でも避けるほうが良い。