ゼリーフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ゼリーフライ
棒に刺して食べやすくしたタイプ

ゼリーフライは、埼玉県行田市で作られている食品の商品名であり、おからを主としたものをパン粉などの衣を使わずに素揚げしたコロッケの一種である。行田付近地域限定の食べ物であり、広範囲に普及はしていない。近年は自治体がB級グルメとしてその存在をPRしている(後述)。

概要[編集]

おからと茹でたジャガイモをベースに、ニンジンやネギなどの野菜を加え、コロッケのようにまとめて素揚げして作る[1]。店によっておからとジャガイモの比率が異なり、またつなぎとして鶏卵を加える場合もある[2]

いわゆる「おからコロッケ」の一種で、軽食としてソースをつけて食べられることが多い。ご当地グルメとして、行田市内各所においてスタンドやカウンター形式で販売されている[3]。また、夏祭りなど地域のイベントに出店している。価格は平均して1個100円程である。ちなみに、市内で単に「フライ」というと、全く別の食べ物「行田フライ」を指すことが多い。

行田市の町おこしと共に全国ブランド化事業の一つとなっており、「こぜにちゃん」といういわゆるゆるキャラに属するキャラクターを作成し、各方面へPRしている[4][5]。また、「行田ゼリーフライ(ぎょうだゼリーフライ)」は同市の登録商標となっている。同市が舞台となった『のぼうの城』の映画が上映された際にもPR活動を展開していた。

由来[編集]

ゼリーフライの由来は、行田市持田にあった「一福茶屋」(現在は閉店)の主人が、日露戦争中国東北部に従軍した際、現地で食べられていた野菜まんじゅうを基にアレンジしたものと言われ[1]、店売りされた詳細な年代は不明なものの、明治後期には既に確認されている。

名称の「ゼリー」はゼラチンで固めた菓子の「ゼリー」ではなく、形状や大きさが小判に近いことから「富来(ぜにふらい)」と呼ばれていたものが訛り、「ゼリーフライ」に変化したとされている[1]。ただし「フライ」については行田周辺の産物がであったことから「布来(ふらい)」に由来するとの説もあり[1]、定かとはなっていない。

引用文献[編集]

  1. ^ a b c d フライ・ゼリーフライ”. 行田市観光協会. 2017年6月13日閲覧。
  2. ^ “埼玉・行田、2つのフライ おなかにずっしり存在感”. 日本経済新聞夕刊: p. 7. (2016年5月24日). http://style.nikkei.com/article/DGXKZO02659090T20C16A5NZ1P01 2017年6月13日閲覧。 
  3. ^ ゼリーフライ”. 行田市 (2014年1月31日). 2017年6月13日閲覧。
  4. ^ 行田市には行田フライのPRキャラ「フラべぇ」もおり、イベントでタッグを組むことも多い。
  5. ^ こぜにちゃんとフラべぇ”. 行田市 (2016年6月28日). 2017年6月13日閲覧。

関連項目[編集]