ゼルダの伝説 リルトの誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 リルトの誓い

ゼルダの伝説 リルトの誓い』(ゼルダのでんせつ リルトのちかい)は、原作:棟居仁、作画:古澤純也による日本漫画作品。『少年王』(光文社)1994年12月号から1997年4月号にて連載された。単行本は全4巻。

概要[編集]

ゼルダの伝説シリーズを題材とした漫画作品。既存のシリーズ作品のコミカライズではなく、ドラゴンクエストシリーズにおける『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』のような、ゲーム内の設定などを借りた少年漫画という趣きが強い。『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』から数百年経過したという舞台設定で、リンクではなくヘザラ村に住む少年・リルトを主人公としている。掲載誌の休刊により連載も終了となったが、ストーリー自体は駆け足気味ながら完結している。

登場人物[編集]

リルト
主人公。ヘザラ村の出身。勇者に憧れるワンパクな熱血少年。勇者になりたいという願いを持っているが、皆には馬鹿にされている。ある日、ハイラルの奥地にある禁断の谷に入り、そこでマスターソードを見つける。
カリン
リルトの幼馴染の少女。リルトの勇者になりたいという話を応援している唯一の人物。実は賢者の子孫であり、ガノン復活のためには彼女が必要であったために狙われることになる。
リンク
ハイラルの勇者。現在は過去の人物となり、天上界に住んでいる。
ゼルダ
ハイラルの姫。現在は過去の人物となり、天上界に住んでいる。
ネイバット
ガノンの忠臣。ハギスら3人と共にガノンの復活をもくろみ、そのために暗躍する。
ハギス
砂漠の盗賊。ネイバットの部下。
グラスゴー
王家兵士団幹部。ネイバットの部下。
フーイディン
闇の商人。ネイバットの部下。

単行本[編集]

  1. 1995年6月 ISBN 4-334-80270-2
  2. 1996年4月 ISBN 4-334-80317-2
  3. 1997年1月 ISBN 4-334-80362-8
  4. 1997年5月 ISBN 4-334-80379-2