ゼンダ城の虜 (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ゼンダ城の虜』(ゼンダじょうのとりこ)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。月組[1]公演。形式名は「ロマンス[1]」。24場[1]

脚本・演出は木村信司[1]。併演作品はグランド・ショー『Jazz Mania -ジャズ・マニア-[2]

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]参考。

19世紀ヨーロッパの小国・ルリタニア王国(架空の国家)では、新王・ルドルフの戴冠式が行われた。実は真の王様は、瓜二つの替え玉・ルドルフだった。王の婚約者・フラビア姫は以前とは違うルドルフを愛し始め、ルドルフもまた結ばれぬ相手と知りつつ彼女を愛し始めた。原作はアンソニー・ホープによる同名の小説。小国を舞台に、国王と瓜二つの容貌を持つ主人公が、政権争いに巻き込まれた王を救い出すまでの物語。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

特別出演(本公演)[編集]

※氏名の後ろの()は2000年当時の所属組

主な配役[編集]

※()は新人公演

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 114.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 90年史 2004, p. 115.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 181.
  4. ^ 90年史 2004, pp. 114-115.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実・春馬誉貴子・相井美由紀・山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6。
  • 編集:山本久美子・西村房代・須藤晃代、編集補助:松岡幸子・浜田聖子・松本恵美・加藤貴子、編集協力:坂島和歌子・松川咲絵・浜本ひろ美・浅野千佳子・川口桂、執筆:三宅顕人(小林一三、ならびに劇場解説)、監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。