1988年ソウルオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1988年ソウルオリンピック
第24回オリンピック競技大会
Games of the XXIV Olympiad
Fireworks at the closing ceremonies of the 1988 Summer Games.JPEG
開催都市 大韓民国の旗 韓国 ソウル
参加国・地域数 159
参加人数 8,391人(男子6,197人、女子2,194人)
競技種目数 23競技237種目
開会式 1988年9月17日
閉会式 1988年10月2日
開会宣言 盧泰愚大統領
選手宣誓 許載、孫米娜
審判宣誓 李学来
最終聖火ランナー 林春愛、鄭善萬、金元卓、孫美廷、孫基禎
主競技場 蚕室総合運動場
夏季
1984年ロサンゼルス 1992年バルセロナ  >
冬季
1988年カルガリー 1992年アルベールビル  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

第24回オリンピック競技大会(だい24かいオリンピックきょうぎたいかい、: Jeux de la XXIVe olympiade: Games of the XXIV Olympiad: 제24회 하계 올림픽 경기 대회)は、1988年9月17日から10月2日までの16日間、韓国の首都ソウルで開催されたオリンピック競技大会。一般的にソウルオリンピックと呼称される。

概要[編集]

第二次世界大戦後に建国された新興国で初めて開催されたオリンピックであり、1964年東京オリンピックに続きアジアにおける2度目の夏季オリンピックである。朝鮮戦争で荒廃し、北朝鮮との分裂国家となった韓国が、経済的に復興した象徴的な出来事として捉えられている。韓国では開催年にちなんで88(パルパル)オリンピックとも呼ばれた。

ソウルオリンピックは、前回の1984年ロサンゼルスオリンピックでは東側諸国が、前々回のモスクワオリンピックでは西側諸国がボイコットしたので、12年ぶりにアメリカソ連の二大国が揃った白熱した試合となり、その後の冷戦終結とソ連解体によって、この大会はソ連とほとんどの東側諸国にとって最後の参加となった。モスクワ・ロサンゼルス両方をボイコットしたイランも12年ぶりに参加し、1976年モントリオールオリンピックでは南アフリカの参加を巡って多くのアフリカ諸国や中華人民共和国中華民国台湾)の参加を巡ってボイコットしていたため、ほぼ全世界の国と地域が参加したオリンピックとしては、1972年ミュンヘンオリンピック以来16年ぶりとなった。なお、分裂した一方の北朝鮮は参加していない。

大会開催までの経緯[編集]

ソウルオリンピックの開催は1981年9月30日西ドイツバーデン=バーデンで開かれた第84次国際オリンピック委員会総会で決定された。日本の名古屋市も開催を求めて立候補し、当初は優勢との見方が強かったが、27対52でソウルに敗れた。名古屋市の招致活動については名古屋オリンピック構想も参考のこと。

1988年夏季五輪開催地投票
都市 第1ラウンド
ソウル 大韓民国の旗 韓国 52
名古屋 日本の旗 日本 27

大会マスコット[編集]

  • ホドリ(虎の子がモチーフ:男の子)
  • ホスニ(同:女の子)

大会イメージソング[編集]

ハイライト[編集]

テニス卓球が正式競技として採用され、特にテニスは1924年パリオリンピック以来64年ぶりの復活となった。女子柔道野球テコンドー公開競技としてオリンピックで開催された(女子柔道とテコンドーは初開催、野球は1984年ロサンゼルスオリンピックに続いて2度目の開催。また、女子柔道、野球はバルセロナオリンピック、テコンドーはシドニーオリンピックから正式種目となる)。

その後の東ヨーロッパにおける政治変動のため、ソ連および東ドイツが参加した最後のオリンピックとなった[2]

また、ドーピング問題に本格的に注目の集まった初の大会ともいえる。

テレビ放映権の影響[編集]

本大会は、従来午後から夜間にかけて行われることが多かった陸上競技の多くの決勝が午前中に実施された。これは、視聴率を見込めるアメリカ東部のプライムタイムに決勝を合わせるための措置で、アメリカのテレビ局NBCが多額の放映権料を支払う見返りとしてなされたものであった。2008年北京オリンピックでは、競泳体操競技で同様の事象が起きている。

名残[編集]

現在は、ソウルオリンピック主競技場が残るほか、ソウル交通公社4号線東大門歴史文化公園駅のプラットホームでは当時の壁画を見ることができる。また、松坡区の選手村のあった地区には「五輪洞(オリュンドン)」という地名が制定された。

また、ソウル地下鉄やその周辺で付けられている駅番号も、同時期から行われたものである。

競技会場[編集]

実施競技[編集]

  • フェンシング
  • 柔道
  • 射撃
  • 近代五種
  • カヌー
  • アーチェリー
  • 野球 (公開競技)
  • テコンドー (公開競技)
  • ボウリング (公開競技)
  • バドミントン (公開競技)


各国・地域の獲得メダル数[編集]

参加国一覧
国・地域
1 ソビエト連邦 ソビエト連邦 55 31 46 132
2 東ドイツ 東ドイツ 37 35 30 102
3 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 36 31 27 94
4 韓国 韓国(開催国) 12 10 11 33
5 西ドイツ 西ドイツ 11 14 15 40
6 ハンガリー ハンガリー 11 6 6 23
7 ブルガリア ブルガリア 10 12 13 35
8 ルーマニア ルーマニア 7 11 6 24
9 フランス フランス 6 4 6 16
10 イタリア イタリア 6 4 4 14

主なメダリスト[編集]

大会に関する問題・トラブル[編集]

ソウルオリンピックでは、以下のように問題とトラブルが発生している。

聖火鳩焼き問題[編集]

開会式の聖火点灯

開会式では、オリンピック賛歌の合唱、五輪旗・開催国旗掲揚、開催国(韓国)の国歌斉唱、最終聖火ランナーが持つトーチによる聖火の点灯、そして平和の象徴の鳩が飛ばされる、という式次第になっていたが、そのとき聖火台に止まっていた数羽の鳩を聖火で焼いたことから問題になった。本来なら点火式の後に放つはずだった鳩を先に放ってしまい、何羽かの鳩が聖火台に止まり、ランナーがそのまま聖火を点灯して焼いた[3]

これを受け、動物愛護団体等の反対もあり、1994年のリレハンメルオリンピックからはそれに替わる形で、鳩の映像、風船、着ぐるみ、人文字等で行うことが恒例となった。

ドーピング問題[編集]

陸上競技男子100mで、カナダベン・ジョンソン前年の世界陸上ローマ大会で自ら出した当時の世界最高記録9秒83を100分の4秒短縮する9秒79の新記録で9秒92だった2位のアメリカのカール・ルイスを数m引き離し優勝したが、レース後のドーピング検査でステロイド系の筋肉増強剤であるスタノゾロールの陽性反応が出たことにより、ジョンソンは金メダルを剥奪され、ルイスが繰り上げで金メダルを獲得した。

なお、ジョンソンの記録については、この大会のもののみにとどまらず、前年記録した9秒83も1989年に取り消された。

ボクシング問題[編集]

ボクシング競技ライトミドル級決勝でアメリカのロイ・ジョーンズ・ジュニアが、地元・韓国の朴時憲から2度のダウンを奪うなど相手を圧倒しながら、2-3の不可解な判定で敗れた[4][5]。記者会見でロイ・ジョーンズ・ジュニアが「盗まれた金メダルを返してくれ!」と涙ながらに訴えたことから「盗まれた金メダル事件」と言われ、オリンピック史上に残る事件として知られるようになった。後に調査によって審判員5人の内、朴の勝利とした3人が韓国側によって買収されていたことが判明したと国際アマチュアボクシング協会が発表、IOCの会長からジョーンズ・ジュニアには金メダルのレプリカが与えられた。なお、この事件はアマチュアボクシングの採点システムが変更されるきっかけとなった。

ジョーンズには、ヴァル・バーカー・トロフィーが与えられた。

また、韓国の辺丁一ブルガリアのアレクサンダー・クリストフのバンタム級2回戦は4-1の判定でクリストフが勝利したが、この判定を不服とした韓国側が猛抗議を行い、照明の消された真っ暗なリング上では辺が1時間以上にも渡る抗議の座り込みを行った[6]

北朝鮮問題[編集]

ラングーン事件金賢姫らが大韓航空機を爆破した事件があったが、これらはソウルオリンピック開催の妨害が目的であったといわれている。北朝鮮は当初、共催を要求するも交渉は成立せず、ソウルオリンピックには地区予選から参加していない。また、そればかりでなく、一般の国民にはソウルオリンピックの存在自体を一切知らせなかったことが後に明らかになっている。

脚注[編集]

  1. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  2. ^ ソ連はアルベールビルオリンピックおよびバルセロナオリンピックでは、バルト三国を除く12国が独立国家共同体(CISもしくはEUN)として参加。
  3. ^ Glen Levy (2012年7月27日). “The Worst Ever Opening Ceremonies”. タイムズ. 2012年8月1日閲覧。
  4. ^ David Mamet (1988年10月7日). “In Losing, a Boxer Won”. ニューヨーク・タイムズ. 2013年12月16日閲覧。
  5. ^ GEORGE VECSEY (1997年9月26日). “Sports of The Times; Nice Gesture Substitutes For Justice”. ニューヨーク・タイムズ. 2013年12月16日閲覧。
  6. ^ A Brief History of Olympic Sore Losers”. タイムズ (2012年3月9日). 2013年12月16日閲覧。

関連項目[編集]