ソウルメトロ2号線上往十里駅追突事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソウルメトロ2号線上往十里駅追突事故
事故現場
事故現場
発生日 2014年5月2日
発生時刻 15時30分頃
大韓民国の旗 大韓民国
場所 ソウル特別市城東区下往十里洞 946-14
路線 ソウルメトロ2号線
運行者 ソウルメトロ
事故種類 列車追突事故
原因 信号の故障によりATSが不作動
統計
負傷者 238人
テンプレートを表示
ソウルメトロ2号線上往十里駅追突事故
各種表記
ハングル 서울 지하철 2호선 상왕십리역 추돌 사고
漢字 서울地下鐵2號線上往十里驛追突事故
発音 ソウル チハチョル イホソン サンワンシムニヨク チュドル サゴ
テンプレートを表示

ソウルメトロ2号線上往十里駅追突事故朝鮮語: 서울 지하철 2호선 상왕십리역 추돌 사고)は、2014年5月2日大韓民国(韓国)のソウルメトロ(現:ソウル交通公社)2号線上往十里駅で発生した列車衝突事故である。         

概略[編集]

上往十里駅で、車両の不具合のため停車していた列車に、往十里駅方面に向かっていた後続列車が追突[2]。乗客約1000人が車外に退避、約240人が負傷した[1]。同年4月16日セウォル号沈没事故を受け、韓国政府が交通機関などの点検を進めていた最中の事故であった[1]

要因[編集]

5月3日、ソウル特別市当局による事故調査結果が発表された。信号表示の異常により後続列車が運転を続け、信号装置に連動した自動列車停止装置(ATS)も作動しなかったことが原因とされた[3][4]4月29日に行われた信号と関連する機器の調整が原因で信号機が誤作動したものとみられ、捜査当局によるソウルメトロの家宅捜査が行われた[3][4][5]。ソウル市当局は、フェリー転覆事故を受け、4月17日から30日までの2週間、地下鉄特別点検を実施したが、信号機は日常点検の対象という理由で除外しており、対象の信号機は4日間にわたりエラーを発生したまま運行され続けていた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]