ソウルメトロ2000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソウルメトロ2000系電車
聖水駅に停車中の2004F(1次車)
聖水駅に停車中の2004F(1次車)
基本情報
製造所 現代ロテム(1-2次車)
ロウィン/タウォンシス (3次車)
主要諸元
編成 10(循環線),4(聖水支線),6(新亭支線)
軌間 1435 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 110 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
主電動機 三相交流かご式誘導電動機
現代ロテムKTM-ILS-210CA(端子電圧1100V・定格電流136A・定格回転数2200rpm)
主電動機出力 210kW(連続定格)
230kW(1時間定格)
駆動方式 三相交流かご式誘導電動機
歯車比 99:14(1:7.07)
編成出力 210×20=4200kW(連続定格)
230×20=4600kW(1時間定格)
制御装置 IPM素子VVVFインバータ制御 (1C4M制御)
制動装置 回生ブレーキ付き電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATSATO
シーメンス LZB7000
テンプレートを表示
九老デジタル団地駅付近を走行中の2008F(3次車)

2000系電車(2000けいでんしゃ)はソウル交通公社(旧:ソウルメトロ)の通勤形電車ソウル交通公社2号線で使用される。

概要[編集]

導入から25年を経過し老朽化した旧2000系電車との置き換えとサービス向上を目的に2005年から導入が開始された。

制御方式はVVVFインバータ制御で、ロテム社が独自開発したIPM-VVVF制御装置を採用した。車体はステンレス外板による軽量構造であるが、先頭部分はFRP製である。側窓は大型の一枚窓で、紫外線を遮断する着色ガラスが採用されている。座席はステンレス製で中間が7人掛け、車端部が3人掛けとなっており、3人掛け部分の小型窓のみ開閉可能である。座席を含め、内装は全て不燃材が用いられているほか、天井部分には火災警報機が設置されている。各乗降扉の上には路線図が設置され、現在の走行位置と次の停車駅がランプで点灯する仕組みとなっている。また、天井には動画広告や停車駅案内などを放映する情報表示装置(17インチ液晶モニター式、1台あたり表裏計4画面)が1両あたり2台ずつ設置されている。この表示装置には次駅のドア開閉方向を知らせるランプが組み込まれている。

2015年ロウィン/タウォンシス連合[注 1]が3次車200両を受注[1]ソウル交通公社発足後の2017年8月から営業運転に投入された[2]

2017年、ソウル交通公社発足後に入札された4次車214両は現代ロテムが受注し、2019-2020年に全数が投入される[3]。2018年7月にモックアップが公開された[4]

編成表[編集]

ソウル交通公社の編成番号は、4桁の車号のうち号車を意味する百の位を除く3桁で表現する。(例:1号車が2001である編成=201編成)

  • 10両編成 (循環線)
 
市庁駅基準
内回り(往十里・蚕室)
外回り(堂山・新道林) →
 
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 製造年 車両形態
形式 2000形 2100形 2200形 2300形 2400形 2500形 2600形 2700形 2800形 2900形
区分 Tc M M' T M' T1 T M M' Tc
搭載機器 SIV,CP,BT VVVF VVVF VVVF SIV,CP,BT VVVF VVVF SIV,CP,BT
車両番号 2001 2101 2201 2301 2401 2501 2601 2701 2801 2901 2005年 1次車
2002 2102 2202 2302 2402 2502 2602 2702 2802 2902
2003 2103 2203 2303 2403 2503 2603 2703 2803 2903
2004 2104 2204 2304 2404 2504 2604 2704 2804 2904
2005 2105 2205 2305 2405 2505 2605 2705 2805 2905
2006 2106 2206 2306 2406 2506 2606 2706 2806 2906 2017年 3次車
2007 2107 2207 2307 2407 2507 2607 2707 2807 2907
2008 2108 2208 2308 2408 2508 2608 2708 2808 2908
2009 2109 2209 2309 2409 2509 2609 2709 2809 2909
2010 2110 2210 2310 2410 2510 2610 2710 2810 2910
2011 2111 2211 2311 2411 2511 2611 2711 2811 2911 2018年
2012 2112 2212 2312 2412 2512 2612 2712 2812 2912
2013 2113 2213 2313 2413 2513 2613 2713 2813 2913
2014 2114 2214 2314 2414 2514 2614 2714 2814 2914 2019年 (導入予定) 4次車
2015 2115 2215 2315 2415 2515 2615 2715 2815 2915 2007年 2次車
2016 2116 2216 2316 2416 2516 2616 2716 2816 2916
2017 2117 2217 2317 2417 2517 2617 2717 2817 2917
2018 2118 2218 2318 2418 2518 2618 2718 2818 2918
2019 2119 2219 2319 2419 2519 2619 2719 2819 2919
2020 2120 2220 2320 2420 2520 2620 2720 2820 2920
2021 2121 2221 2321 2421 2521 2621 2721 2821 2921 2008年
2022 2122 2222 2322 2422 2522 2622 2722 2822 2922
2023 2123 2223 2323 2423 2523 2623 2723 2823 2923 2007年
2024 2124 2224 2324 2424 2524 2624 2724 2824 2924
2025 2125 2225 2325 2425 2525 2625 2725 2825 2925 2008年
2026 2126 2226 2326 2426 2526 2626 2726 2826 2926
2027 2127 2227 2327 2427 2527 2627 2727 2827 2927
2028 2128 2228 2328 2428 2528 2628 2728 2828 2928
2029 2129 2229 2329 2429 2529 2629 2729 2829 2929
2030 2130 2230 2330 2430 2530 2630 2730 2830 2930
2031 2131 2231 2331 2431 2531 2631 2731 2831 2931
2032 2132 2232 2332 2432 2532 2632 2732 2832 2932 2019年 (導入予定) 4次車
(導入予定)
2033 2133 2233 2333 2433 2533 2633 2733 2833 2933
2034 2134 2234 2334 2434 2534 2634 2734 2834 2934
2035 2135 2235 2335 2435 2535 2635 2735 2835 2935
2036 2136 2236 2336 2436 2536 2636 2736 2836 2936
2037 2137 2237 2337 2437 2537 2637 2737 2837 2937
2038 2138 2238 2338 2438 2538 2638 2738 2838 2938
2039 2139 2239 2339 2439 2539 2639 2739 2839 2939 2018年 3次車
2040 2140 2240 2340 2440 2540 2640 2740 2840 2940
2041 2141 2241 2341 2441 2541 2641 2741 2841 2941
2042 2142 2242 2342 2442 2542 2642 2742 2842 2942
2043 2143 2243 2343 2443 2543 2643 2743 2843 2943 2019年 (導入予定) 4次車
(導入予定)
2044 2144 2244 2344 2444 2544 2644 2744 2844 2944
2061 2161 2261 2361 2461 2561 2661 2761 2861 2961 2008年 2次車
2062 2162 2262 2362 2462 2562 2662 2762 2862 2962
2063 2163 2263 2363 2463 2563 2663 2763 2863 2963
2064 2164 2264 2364 2464 2564 2664 2764 2864 2964
2065 2165 2265 2365 2465 2565 2665 2765 2865 2965
2066 2166 2266 2366 2466 2566 2666 2766 2866 2966
2067 2167 2267 2367 2467 2567 2667 2767 2867 2967
2068 2168 2268 2368 2468 2568 2668 2768 2868 2968
2069 2169 2269 2369 2469 2569 2669 2769 2869 2969
2070 2170 2270 2370 2470 2570 2670 2770 2870 2970
2071 2171 2271 2371 2471 2571 2671 2771 2871 2971
2072 2172 2272 2372 2472 2572 2672 2772 2872 2972
2073 2173 2273 2373 2473 2573 2673 2773 2873 2973 2020年 (導入予定) 4次車
(導入予定)
2074 2174 2274 2374 2474 2574 2674 2774 2874 2974
2075 2175 2275 2375 2475 2575 2675 2775 2875 2975
2076 2176 2276 2376 2476 2576 2676 2776 2876 2976
2077 2177 2277 2377 2477 2577 2677 2777 2877 2977
2078 2178 2278 2378 2478 2578 2678 2778 2878 2978
2079 2179 2279 2379 2479 2579 2679 2779 2879 2979
2080 2180 2280 2380 2480 2580 2680 2780 2880 2980
2081 2181 2281 2381 2481 2581 2681 2781 2881 2981
2082 2182 2282 2382 2482 2582 2682 2782 2882 2982
2083 2183 2283 2383 2483 2583 2683 2783 2883 2983
2084 2184 2284 2384 2484 2584 2684 2784 2884 2984
2085 2185 2285 2385 2485 2585 2685 2785 2885 2985 2018年 3次車
2086 2186 2286 2386 2486 2586 2686 2786 2886 2986
2087 2187 2287 2387 2487 2587 2687 2787 2887 2987
2088 2188 2288 2388 2488 2588 2688 2788 2888 2988
2089 2189 2289 2389 2489 2589 2689 2789 2889 2989
2090 2190 2290 2390 2490 2590 2690 2790 2890 2990
2091 2191 2291 2391 2491 2591 2691 2791 2891 2991
2092 2192 2292 2392 2492 2592 2692 2792 2892 2992
2093 2193 2293 2393 2493 2593 2693 2793 2893 2993 2020年 (導入予定) 4次車
(導入予定)
凡例
  • VVVF -主制御装置
  • SIV -静止形インバータ
  • CP -空気圧縮機
  • BT -蓄電池
備考
  • 太字の車両は旧2000系電車を改造・編入した車両。
  • パンタグラフは、M'(2200形、2400形、2800形)に下枠交差形を2基ずつ搭載する。


  • 4両編成 (聖水支線)
 
聖水
 
号車 1 2 3 4 製造年 車両形態
形式 2000形 2100形 2200形 2300形
区分 Tc M M' Tc
搭載機器 SIV,CP,BT VVVF VVVF SIV,CP,BT
車両番号 2056 2156 2256 2356 2020年 (導入予定) 4次車 (導入予定)
2057 2157 2257 2357 2005年 1次車
2058 2158 2258 2358 2007年 2次車
2059 2159 2259 2359
2060 2160 2260 2360
凡例
  • VVVF -主制御装置
  • SIV -静止形インバータ
  • CP -空気圧縮機
  • BT -蓄電池
備考
  • パンタグラフは、M'(2200形)に下枠交差形を2基搭載する。

配属[編集]

  • 201~213, 215~231, 239~242編成 - 新亭車両事業所朝鮮語版
  • 257~272, 285~292編成 - 君子車両事業所朝鮮語版

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年初頭にロウィンはタウォンシスに吸収されている。

出典[編集]

関連項目[編集]