ソウル大学校付属病院虐殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソウル大学校付属病院虐殺事件
Seoul map.png
場所 大韓民国
日付 1950年6月28日[1][2]
標的 医療関係者、入院患者、負傷兵[1][2]
攻撃手段 虐殺
死亡者 700[3] to 900[1][2]
犯人 朝鮮人民軍
ソウル大学校付属病院虐殺事件の記念碑

ソウル大学校付属病院虐殺事件 (朝鮮語: 서울대학교 부속병원 학살 사건 韓文漢字: 서울大學校附属病院虐殺事件 中国語:漢城國立大學附屬醫院屠殺事件)は朝鮮人民軍によって1950年6月28日にソウル大学校付属病院で発生した虐殺。この虐殺によって合計700人から900人の医者、看護師、入院患者、負傷兵が亡くなった[1][2][3]

概要[編集]

第一次ソウル会戦中、朝鮮人民軍は1950年6月28日にソウル大学校附属病院を守っていた部隊を一掃し[1][2]、医療関係者、入院患者、負傷兵を射殺、若しくは生き埋めにした[1][2]。犠牲者は一般市民だけで900人に達した[1][2]大韓民国の国防部によれば、犠牲者のうち100人が大韓民国の負傷兵だという[2]

関連項目[編集]

出典[編集]