ソウル特別市都市鉄道公社SR000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソウル特別市都市鉄道SR000系
SMRT EMU SR005.jpg
甲種輸送中のSR000系電車
基本情報
製造所 ソウル特別市都市鉄道公社 (1次車)
ロウィン (2次車)
主要諸元
編成 8
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 80 km/h
設計最高速度 100 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 1,256人
車両定員 148人(先頭車)、160人(中間車)
車両重量 33.7t(先頭車)、35,4t(M1)
35,8t(M2)、29,3t(T)
編成重量 268.4t
全長 20,000 mm
全幅 3,120 mm
全高 4,000 mm
主電動機出力 210kW
駆動方式 WNドライブ
編成出力 4,200kW
制御装置 VVVFインバータ制御,IGBT)
制動装置 交直流回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATC (手動運転)
備考 ロウィンが公開している資料を参照[1]
テンプレートを表示

ソウル特別市都市鉄道公社SR000系電車(ソウルとくべつしとしてつどうこうしゃSR000けいでんしゃ)は2012年10月27日から運転を開始したソウル交通公社7号線通勤形電車

概要[編集]

運行区間[編集]

編成[編集]

制御装置[編集]

韓国のタウォンシス(多元シス)が製造し、ロウィンに納品した新型インバータ (IGBT制御)を装備した。

編成表[編集]

  • 編成番号は7000系からの連番である。
車号 導入時期 現況 備考
SR001 764 編成 2011年 運行中 3号車・6号車は、中央部に座席が設置された構造である。
SR002 765 編成 2012年 運行中
SR003 766 編成 運行中
SR004 767 編成 運行中
SR005 768 編成 運行中
SR006 769 編成 運行中
SR007 770 編成 運行中

その他[編集]

ソウル都市鉄道の直接製作議論[編集]

  • SR001編成は鉄道車両の専門メーカーではなく、鉄道事業者であるソウル特別市都市鉄道公社が直接製作したため、問題となった。仁川広域市京畿道富川市でもソウル都市鉄道の車両自体の製作に反対し、2010年12月頃、ソウル特別市議会でソウル特別市都市鉄道公社が電車組立・製作と鉄道車両の性能試験、製造検査を禁止する条例案を出し、[2]SR002編成以降はロウィンで直接製作して導入された。

納入検査と本線投入の遅延[編集]

  • SR007編成は、鉄道車両メーカーであるロウィンの事情で納入チェックが遅れており、正式営業に投入されていなかったが、2014年7月になってようやく正式営業に投入された。

ラーバ列車運行[編集]

  • SR007(770)編成は、ソウルメトロ2000系201編成のように内部にLarvaのラッピングをし、外部にはドアと前頭部の窓のみLarvaのラッピングで運行していた(現在は終了)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ROWIN_Catalog_Ver_Korea.pdf
  2. ^ 서울특별시도시철도공사 설립 및 운영에 관한 조례(ソウル特別市都市鉄道公社設立および運営に関する条例)(2011年1月10日改正)

関連項目[編集]