ソウ・マウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソウ・マウン
စောမောင
Saw Maung

任期 1988年9月18日1992年4月23日

任期 1988年9月21日1992年4月23日

出生 1928年12月5日
イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国上ビルママンダレー
死去 (1997-07-24) 1997年7月24日(68歳没)
政党 国家法秩序回復評議会

ソウ・マウンビルマ語: စောမောငSaw Maung1928年12月5日[1] - 1997年7月24日)はミャンマー軍人政治家。民族はビルマ族1988年から1992年にかけて国家法秩序回復評議会(SLORC)議長(国家元首)・首相・国防相を務め、独裁的な政治を行った。また、1988年から1991年までは外相も務めていた。

経歴・概要[編集]

1928年12月5日上ビルママンダレーに生まれる。1949年ビルマ国軍に入る。1950年曹長になる。1952年ビルマ士官訓練校(OTS)を卒業し(第6期)少尉に任官する。1965年第5歩兵大隊副大隊長を経て、1967年少佐に昇進、第29歩兵大隊長、第47歩兵大隊長を歴任する。1970年北西軍管区第一作戦参謀。1972年北東軍管区副司令官。1975年第99歩兵師団長。1976年北部軍管区司令官。1979年南西軍管区司令官。1981年ビルマ国防省軍務局長。1983年陸軍参謀次長を経て1985年国軍参謀総長となった。

8888蜂起への対応[編集]

1988年8888蜂起を受けて社会主義BSPP)政権が崩壊すると、ビルマ国軍参謀総長を務めていたソウ・マウンはクーデターを起こし、国家法秩序回復評議会(SLORC、軍事政権)を発足、その議長となって実権を握った。彼の政権は1989年に、国名をビルマからミャンマーに、首都名をラングーンからヤンゴンに変えた。

前の独裁者マウン・マウン同様、ソウ・マウンも反対勢力、民主化運動を弾圧した。1990年5月の国民議会(国会総選挙では、与党国民統一党野党勢力(国民民主連盟)に大敗したために政権移譲を拒否し、野党の代表人物らを逮捕した。また、ノーベル平和賞を受賞した民主化運動家のアウンサンスーチーを自宅監禁した。

1992年4月に、健康を理由に公式に引退し、タン・シュエに政権が移った。1997年7月24日、心臓発作のため死去。68歳。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『軍政ビルマの権力構造 ネー・ウィン体制下の国家と軍隊 1962 - 1988』p262
  2. ^ Heroes and Villains”. The Irrawaddy March 2007. 2008年11月26日閲覧。
公職
先代:
マウン・マウン
ビルマの旗 ビルマ連邦社会主義共和国大統領
ミャンマーの旗 ミャンマー国家法秩序回復評議会議長
初代:1988年9月18日1992年4月22日
次代:
タン・シュエ
先代:
トゥン・ティン
ビルマの旗 ビルマ連邦社会主義共和国首相
ミャンマーの旗 ミャンマー首相
第10代:1988年9月18日1992年4月22日
次代:
タン・シュエ
軍職
先代:
チョー・ティン英語版
Flag of the Myanmar Armed Forces.svg ミャンマー国軍最高司令官
第8代:1985年11月4日 - 1992年4月22日
次代:
タン・シュエ