ソセ (太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ソセ太子モンゴル語: Söse, 中国語: 小薛, ?-1328年)は、イェスン・テムル・カーン(泰定帝)の息子で、モンゴル帝国の皇族。『元史』などの漢文史料では小薛(xiǎoxuē)と記される。

概要[編集]

晋王イェスン・テムル(後の泰定帝)の息子として生まれ、兄弟にはアリギバ(後の天順帝)、パドマギャルポヨンダン・ジャンボらがいた。

『元史』によると、父イェスン・テムルがカーンに即位して3年目、泰定3年(1326年)にソセが夜泣きをするため高年鈔を賜ったとという[1]

父イェスン・テムルの死後カーン位を巡って天暦の内乱が勃発し、ソセは兄アリギバを擁する上都派についた。しかし、1328年トク・テムルを擁立する大都派が上都派を破り、上都が陥落するとソセも他の兄弟同様殺されてしまった。

晋王カマラ家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』巻30泰定帝本紀2,「[泰定三年十二月]壬辰……以皇子小薛夜啼、賜高年鈔」

参考文献[編集]