2014年ソチオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2014年ソチオリンピック
第22回オリンピック冬季競技大会
XXII Olympic Winter Games
Sochiolympicrings.jpg
開催都市 ロシアの旗 ロシア ソチ
参加国・地域数 83ヶ国+5地域(88地域)[1]
参加人数 2873名
競技種目数 7競技 98種目[2]
開会式 2014年2月7日8:14pm - 11:02pm MSK[3]
閉会式 2014年2月23日
開会宣言 ウラジーミル・プーチン大統領
選手宣誓 ルスラン・ザハロフ英語版フランス語版ロシア語版
審判宣誓 ヴャチェスラフ・ボデーニン
最終聖火ランナー イリーナ・ロドニナ
ウラディスラフ・トレチャク
主競技場 オリンピックスタジアム
冬季
2010年バンクーバー 2018年平昌 >
夏季
2012年ロンドン 2016年リオ >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示
ソチオリンピック公園の計画
本大会のマスコット

2014年ソチオリンピックは、2014年(平成26年)2月7日から23日までロシアソチで開催された第22回冬季オリンピック。 テーマは"Hot. Cool. Yours."(ホットで、クールな、みんなの大会)

大会招致までの経緯[編集]

開催地は2007年7月4日グアテマラグアテマラシティで開催された第119次IOC総会ソチに決定した。総会直前までは、前回2010年冬季オリンピックの開催地投票でバンクーバーに接戦で負けた韓国平昌が最有力候補だったが、二度の投票の末に接戦を制したソチに決定した。

最終立候補都市と投票結果[編集]

2014年冬季オリンピック開催地投票
都市 1回目 2回目
ソチ ロシアの旗 ロシア 34 51
平昌 大韓民国の旗 韓国 36 47
ザルツブルク  オーストリア 25 -

一次選考で落選した都市[編集]

参加国・地域[編集]

出典:[4]

実施競技と日程[編集]

今大会から新種目としてフィギュアスケート団体、スキージャンプ女子、スキーハーフパイプ、スキー・スノーボードスロープスタイル、スノーボードパラレル回転、バイアスロン男女混合リレー、リュージュ団体が採用された。

冬季オリンピックとしては史上初めて、開会式に先立って競技を施行することになった(夏季オリンピックでは2000年シドニーオリンピック以降が開会式に先立って競技を施行している)。

2014年2月6日 - 2月23日(日付は全てモスクワ時間[6]。「予」は予備日。

日付 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
開会式[7]閉会式
スキー アルペンスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
ノルディック複合
フリースタイルスキー
スノーボード
スケート スピードスケート
フィギュアスケート
ショートトラックスピードスケート
アイスホッケー
ボブスレー ボブスレー
スケルトン
バイアスロン
カーリング
リュージュ

競技会場[編集]

競技会場は大きく分けて、ソチの黒海沿岸及びクラースナヤ・ポリャーナ山岳地区の2ヵ所に集まっている。競技終了後は、各会場でメダリストにブーケを手渡す「フラワーセレモニー」を行った後、ソチ・オリンピック・パークのメダル・プラザで表彰式を行った。(アイスホッケー・クロスカントリー女子30km・男子50kmを除く)

国・地域別メダル獲得数[編集]

ソチオリンピック メダル獲得状況
       最高が金メダルの国
       最高が銀メダルの国
       最高が銅メダルの国
       メダル獲得のなかった国
       大会不参加の国
       国内オリンピック委員会が未承認の国

開催国ロシアによる大規模なドーピングが発覚し、2017年12月までにロシア人選手46名が永久追放処分[8]、メダル13枚(=金4+銀8+銅1)が剥奪された[9]。その後、2018年2月1日にスポーツ仲裁裁判所の決定を受けて剥奪された13枚のうち9枚(=金2+銀6+銅1)のメダルが返還され、結果的に獲得した33枚から4枚(=金2+銀2)のメダルが剥奪されたことになった[10]

国・地域
1 ロシア ロシア (RUS) (開催国) 11(=13-2) 9(=11-2) 9 29(=33-4)
2 ノルウェー ノルウェー (NOR) 11 5 10 26
3 カナダ カナダ (CAN) 10 10 5 25
4 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 9 7 12 28
5 オランダ オランダ (NED) 8 7 9 24
6 ドイツ ドイツ (GER) 8 6 5 19
7 スイス スイス (SUI) 6 3 2 11
8 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 5 0 1 6
9 オーストリア オーストリア (AUT) 4 8 5 17
10 フランス フランス (FRA) 4 4 7 15
97 95 99 291

テレビ放送[編集]

詳しくはこちら

開催費用[編集]

ソチオリンピックの開催関連費用は、当初の予算では120億ドルだった。それが大幅に増額され、ロシアの公的機関やメディアの多くは510億ドルと報じた。ロシアの財務・会計コンサルティング会社FBKの戦略分析部に在籍したイゴール・ニコラエフは、667億ドルと推定した。2008年北京オリンピックを上回る、近代オリンピック史上最高額となった[17]。巨大な予算額の理由は、ソ連時代以来、新規事業がほとんど無かった道路、鉄道、病院、発電所などのインフラ整備が不可欠だったからである[18]

ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは、アメリカ人映画監督オリバー・ストーンとのインタビューで、次のように述べた。

「ソチの冬季オリンピックを準備していたとき、われわれはソチを通年型リゾートにする構想を持っていた。国際水準のリゾートだ。それを発表した当初は懐疑的な声も多く、不可能だと言う者も多かった。交通インフラもエネルギーインフラも整っていない、と。環境への悪影響や下水道システムの不備、宿泊施設の不足も問題視された。もちろんスポーツ施設など影も形もなかった。 それが今ではソチは通年型リゾートになった。冬はスキーを楽しみつつ、夜は海辺のホテルに滞在できる。山岳部と沿岸部を結ぶ高速鉄道があるからだ。自動車用道路も二つあり、20~30分で移動できる。ソチはすでに国際リゾート地になった」

「われわれはガスのパイプラインを二本敷設した。一つは海底を通り、もう一つは山腹を通るルートだ。発電所とピーク対応のための補助的発電所も造った。山腹を通る橋、トンネル、高速道路、ソチを囲む鉄道、そして四万室の宿泊施設も整えた。」

また、オリバー・ストーンによる、「投資資金はすべてあなたの友人、つまりあなたの息のかかったオリガルヒに渡ったという批判もある」との質問には、プーチンは次のように答えた。 「(笑)ほんとうにくだらない話だ。ばかばかしい。契約はすべて実力本位で決まったものだ。資金の相当部分が外国企業にもわたった。契約を受注した海外企業が稼いだ金額は10億ドルを超える。トンネル建設を国際的事業主体に任せたときには、カナダから専門家が来ていた。」[19]

競技の開始時間[編集]

スキージャンプ、フリースタイルスキーのモーグル、スノーボードのハーフパイプはナイターでの開催となった。

金メダル[編集]

大会マスコット[編集]

2011年2月26日、2014年ソチオリンピックのマスコットがユキヒョウホッキョクグマノウサギの3体に決定したことが発表された[21]。後にユキヒョウは褐色のヒョウに変更された[22]。ホッキョクグマは1980年モスクワオリンピックのマスコット「ミーシャ」の孫とされる[23]

脚注[編集]

  1. ^ - Last Medals - Sochi 2014 Olympics
  2. ^ 札幌市ホームページ「第1章 過去5大会の大会概要及び札幌大会想定概要」[1]
  3. ^ (同日深夜、日本時間2014年2月8日未明午前1:14am - 4:00am)
  4. ^ - Last Medals - Sochi 2014 Olympics
  5. ^ インド政府がインドオリンピック委員会での委員選出選挙に対し不当介入したことで、IOCから資格停止処分を受けていたため、資格停止が解除された2月11日より前はオリンピック旗の下、独立参加していた。
  6. ^ Schedule and Results - Sochi 2014 Olympics”. 2014年1月30日閲覧。
  7. ^ 2014年2月7日20時14分(ロシア時間)に式典を開始予定。ソチ五輪開会式、20時14分から始まる理由は Archived 2013年11月1日, at the Wayback Machine. 読売新聞 2013年10月30日閲覧
  8. ^ 五輪=ソチ大会出場のロシア11選手に処分、ドーピングで”. ロイター (2017年12月23日). 2017年12月26日閲覧。
  9. ^ ソチ五輪のロシア選手、銀メダリスト含む11人が新たに失格処分”. AFPBB (2017年12月23日). 2017年12月26日閲覧。
  10. ^ THE COURT OF ARBITRATION FOR SPORT (CAS) DELIVERS ITS DECISIONS IN THE MATTER OF 39 RUSSIAN ATHLETES V/ THE IOC:28 APPEALS UPHELD, 11 PARTIALLY UPHELD”. スポーツ仲裁裁判所 (2018年2月1日). 2018年2月1日閲覧。
  11. ^ “Russian TV companies to broadcast Sochi Olympics as single pool”. Vestnik Kavkaza. (2012年2月2日). http://vestnikkavkaza.net/news/politics/22624.html 2012年2月2日閲覧。 
  12. ^ . (2011年6月7日). http://tvbythenumbers.zap2it.com/2011/06/07/report-nbc-wins-latest-olympics-tv-rights-bid/94902/+2011年6月7日閲覧。 
  13. ^ . (2011年6月7日). http://www.adweek.com/news/television/update-nbc-bids-438-billion-olympic-gold-132319+2011年6月7日閲覧。 
  14. ^ 日本放送協会 (2012年2月8日). “2014年・2016年オリンピック放送権の合意について”. NHK 報道資料. 2013年9月30日閲覧。
  15. ^ “SBS wins Olympic TV broadcast rights 2010-2016 for both Koreas”. M&C. (2006年8月2日). http://www.monstersandcritics.com/sport/othersport/article_1186179.php/SBS_wins_Olympic_TV_broadcast_rights_2010-2016_for_both_Koreas 2011年5月2日閲覧。 
  16. ^ “IOC awards 2014 and 2016 Olympic Games broadcast rights in Canada”. Olympic.org. (2012年8月1日). http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2014-and-2016-olympic-games-broadcast-rights-in-canada/170309 2012年8月2日閲覧。 
  17. ^ アンドリュー・ジンバリスト:著、田端優:訳『オリンピック経済幻想論』ブックマン社、2016年、p110~111
  18. ^ 「朝日新聞」2010年8月18日「(世界初2010)五輪開発、ソチ壊す 自然減り景観一変 2014年冬季大会開催地」
  19. ^ オリバー・ストーン:著、土方奈美:訳「オリバー・ストーン オン プーチン」文芸春秋、2018年、p257
  20. ^ 隕石メダル贈呈ひっそりと ロシア南部落下から1年記念 、スポニチ Sponichi Annex、2014年2月16日
  21. ^ 五輪=ソチ大会のマスコット、ユキヒョウなど3種類に決定”. ロイター (2011年2月27日). 2017年12月8日閲覧。
  22. ^ Stefan Sirucek (2014年2月7日). “ソチ五輪マスコットの動物たち”. ナショナルジオグラフィック日本版. 日経ナショナル ジオグラフィック. 2017年12月8日閲覧。
  23. ^ ミーシャの孫、ソチ五輪終幕告げる”. 日刊スポーツ (2014年2月24日). 2017年12月8日閲覧。

関連項目[編集]