ソニック&ナックルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ソニック&ナックルズ
SONIC & KNUCKLES
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 メガドライブ (MD)
開発元 ソニックチーム
STI英語版
発売元 セガ
プロデューサー 中裕司
ディレクター 安原広和
デザイナー 安原広和
よしだひさよし
飯塚隆
プログラマー 中裕司
浜野隆弘
山元雅信
音楽 ブラッド・バクサー
ボビー・ブルックス
ダリル・ロス
ジェフ・グレース
ダグ・グリグスビー3世
シロッコ
ハワード・ドロッシン英語版
美術 湯田高志
横川聡
シリーズ ソニックシリーズ
人数 1人
メディア 18メガビットロムカセット
発売日 INT 199410181994年10月18日
その他 型式:日本 G-4124
アメリカ合衆国 1563
ヨーロッパ 1563-50
テンプレートを表示

ソニック&ナックルズ』 (SONIC & KNUCKLES) は、1994年10月18日に日本のセガから発売された横スクロールアクションゲーム[1]

同社の『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』(1994年)の後編にあたる作品。主人公のソニックおよびナックルズを操作し、浮遊島に墜落したエッグマンによって要塞「デスエッグ」が復活するのを阻止する事を目的としている。メガドライブ版は後述のロックオンシステムに対応するため、カートリッジ上面に接続端子を備えた特殊な形状をしている。

開発はソニックチームおよびセガテクニカルインスティチュート英語版が行い、前作に引き続きプロデューサーおよびリード・プログラムは中裕司、ディレクターおよびリード・ゲーム・デザイナーは安原広和、キャラクター・デザインは湯田高志および横川聡が担当している。

2009年Xbox 360用ソフトとしてXbox Live Arcadeにて、Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。また、Windows 95用ソフト『ソニック&ナックルズ コレクション』(1997年)やセガサターン用ソフト『ソニック ジャム』(1997年)、ゲームキューブ用ソフト『ソニック メガコレクション』(2002年)などのオムニバスソフトに収録された。

本作はゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」にてシルバー殿堂を獲得した。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

基本的なシステムは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』と同様。

ゲーム開始前にソニックかナックルズを選択可能。テイルスはソニックのエンディング以外登場しないため、ソニック&ナックルズ単体では操作することはできない。

ナックルズのみ可能なアクションは以下の通り。

滑空
ジャンプ中にもう一度ボタンを押すと、空を飛べる。ボタン押しっぱなしでハンググライダーのように滑空できる。
壁登り
滑空中に壁に当たると壁をよじ登れる。ジャンプすると壁から離れる。

なお、ナックルズでプレイするとステージの進行ルートが変化し、以上のアクションをうまく使いこなさければ突破できない場面も出現する。

ロックオンシステム[編集]

本作では、カートリッジ上部の端子に他のソニックシリーズやメガドライブ用カートリッジを装着することで多彩なゲームを遊ぶことができる。カートリッジによって以下の効果が現れる。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ、または、その他のメガドライブ用カートリッジ
ソニック3と本作におけるスペシャルステージ「ブルースフィア」が単独でプレイできる。差し込んだカートリッジによって、ステージは変化する。
通常、「ソニック2」「ソニック3」以外のカートリッジを挿して起動するとタイトル画面に「NO WAY!」という文字が表示される(「このカートリッジでは遊べない」の意味。説明書にも「故障の原因となるので差し込まないでください」と書いてある)が、ここでA・B・Cボタンを同時に押せばブルースフィアのゲームが遊べる(移植版ではボタン入力が異なる)。
また、ゲーム開始時にボタンを押すと色が変わることがあるが、これはキャラクターの選択である。青はソニックで赤はナックルズになっており、どちらも能力は同じである。
ソニック・ザ・ヘッジホッグの場合
ソニック・ザ・ヘッジホッグのカートリッジを差し込んだ場合のみ、収録されている2億6千通り以上全てのスペシャルステージを遊ぶことができる。普通にクリアした場合は次のステージへ1つ進むが、リングを全部取った状態でクリアするとステージを10個飛ばすことが可能である。クリア時に表示される12桁の数字のパスワードをメモをして、ゲーム開始時に前回クリアした時のパスワードを入力すれば続きから始めることができる。
その他のメガドライブ用カートリッジの場合
それ以外のカートリッジの場合はタイトル画面の色が異なっており、差し込んだカートリッジに応じたステージを1つだけ遊ぶことができる。パスワードの入力はできないが、クリア時にそのステージのパスワードが表示され、上述した「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のカートリッジを差し込んだ場合にこのパスワードを入力することで、同じステージがプレイ可能である。
ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
ソニック2のコースを、同作に登場しないナックルズで走破する「ナックルズインソニック2」が遊べる。ただしソニック・ザ・ヘッジホッグ2にあったVSモードは遊べなくなり、完全な1人用ゲームになっている。
壁登りをする事でソニックやテイルスでさえも届かない場所に行ける他、チェックポイントを通過した時点で獲得していたリングの枚数が記録されており、ミスをしてチェックポイントに戻された時のリングは0にならなくなった。
スペシャルステージのクリア条件も簡単になっており、すぐにカオスエメラルドを7つとも集めたりする事ができる。ただしジャンプ力が低いために、各所のボス戦には多少苦戦することになる。
Wiiバーチャルコンソールでロックオンシステムを再現するために解析を行ったM2の代表取締役堀井直樹によると、ソニック&ナックルズのカセットにナックルズインソニック2のデータがすべて入っているという[2]
ソニック・ザ・ヘッジホッグ3
「ソニック3&ナックルズ」として、両作のステージを続けてプレイ可能になる真の本編ゲーム。
ソニック3では対戦モードしか使用できなかったナックルズが同作の本編ステージをプレイ可能になり、ソニック&ナックルズ単体ではEDのみに登場のテイルスもソニック&ナックルズのステージへ行くことができるようになる。
またソニック3のセーブ機能によりソニック&ナックルズのステージもセーブ可能になり、セーブデータは8つに増加される他、ソニック3での共通サウンドと音楽の一部がソニック&ナックルズのものに変更される。

『ソニック ジャム』『ソニックメガコレクション』やバーチャルコンソールでも同様の効果が行えるが、『メガコレクション』では隠しゲームとなっているため、出現条件を満たさないと遊べない。またバーチャルコンソールでは同じWiiショッピング上で、他のソニックシリーズを購入することでロックオン機能が動作するようになっている。なお、いずれの移植版においても、「ブルースフィア」における「ソニック1」以外のゲームを利用したロックオンは存在しない。

設定[編集]

ステージ構成[編集]

全6ゾーン、actはゾーン5を除いて2ずつ存在し、その全てがシームレスに移行していく。「ソニック3」とロックオンしている場合、MUSHROOM HILL ZONE以降はZONE7~とカウントされる。ナックルズでプレイする場合、アクトセレクト以外でDEATH EGG ZONEは登場しない。

ナックルズ編のストーリーはソニック編エンディング後の後日談的な扱いとなっており、エッグマンは登場せず、代わりにエッグロボが敵役となる。またソニック3にロックオンしてプレイする際も、ANGEL ISLAND ZONEの背景に海が見えなくなっていたり、LAUNCH BASE ZONEからデスエッグの姿が消えていたりと細かな変化も加えられる。

ZONE1 MUSHROOM HILL ZONE(マッシュルームヒルゾーン)
キノコが蔓延する丘陵地帯で、前作と同様の肩慣らしステージ。ただし、前作からの繋がりを意識しているため変則的なギミックが多めで、難易度は少し高い。
ACT1は緑が生い茂って夏のような雰囲気だが、ACT2ではエッグマンの装置により季節が進み、紅葉化した秋のような雰囲気になる。
ZONE2 FLYING BATTERY ZONE(フライングバッテリーゾーン)
飛来してきたエッグマンの空中要塞に侵入していく。
ACT1は直線、ループ、カタパルトなどスピードを出せる構造が多い。
ACT2はトラップの傾向が変化し、回転する螺旋スロープや網チューブ、一定時間で上昇・下降を繰り返す電磁鉄球や足場など、慎重な動きを強いるギミックが増加する。
ZONE3 SANDOPOLIS ZONE(サンドポリスゾーン)
ACT1は砂漠の都市に飛び込んでいく。比較的広大なエリアが多く、曲線的なスロープが多数存在する。
ACT2では照明が落ちるとヒュードロが襲来するピラミッドの内部に潜り込む。
一定時間の間だけ開く扉が存在するといったものも存在し、刻一刻と状況が不利になる中で、全体的に激しい敵の攻撃やトラップをくぐり抜けなければならない。
ZONE4 LAVA REEF ZONE(ラバーリーフゾーン)
溶岩が流れる鉱脈の中へと侵入していく。溶岩に触れるとダメージを受けるので慎重に進む必要があるが、フレイムバリアを持っていればこの溶岩のダメージを完全に無効化することができ、難易度を大幅に下げられる。
ACT1のボス突破後、溶岩が冷え固まることによりその様相を一変させ、ACT2では神秘的な雰囲気の漂う水晶洞窟に進入していく。
ソニック&テイルスとナックルズでゴール地点が異なり、ソニック&テイルスではACT2ボス突入前、ナックルズにより転落させられたところで、墜落したデスエッグの再発進に遭遇。
ZONE5 HIDDEN PALACE ZONE(ヒドゥンパレスゾーン)
前ゾーンの洞窟の最深部にあり、マスターエメラルドやスーパーエメラルドが安置されている神殿。非常に短く、敵もナックルズ以外には全く存在しないが、ストーリーの鍵を握る重要なゾーンとなっている。
ZONE6 SKY SANCTUARY ZONE(スカイサンクチュアリーゾーン)
エンジェルアイランドの上空に浮かぶ神殿。ソニックとテイルスはデスエッグを追いかけるため、この神殿の転送装置をたどっていくことになる。空中であるが、足場がなくても上昇気流がある場所が多く、転落の危険性は少なくなっている。道中で『ソニック1』、『ソニック2』のボスを模した中ボスが出現する。
ナックルズでプレイすると、浮遊するエンジェルアイランドを背景に、メカソニックとの最終決戦となる。
ZONE7 DEATH EGG ZONE(デスエッグゾーン)
崩壊する空中神殿より、宇宙に飛び出したエッグマンの巨大要塞に突入する。フィールドは非常に広大で、電撃トラップが多く存在するためサンダーバリアがあれば有利に進める。
ACT1では右方向に重力がかかるエンジンらしき機構を突破する場所があり、ACT2でも重力反転トラップを利用して突破するシーンなど、技巧に満ちた物が多い。
ストーリー進行上、ナックルズではこのゾーンに進むことはできない。
ZONE8 THE DOOMS DAY ZONE(ザ・ドゥームズデイゾーン)
ソニックでスーパーエメラルド(またはカオスエメラルド)を全て取得してデスエッグゾーンをクリアすると突入する、隠されたボス戦のステージ。

スペシャルステージ[編集]

ソニック&ナックルズ単体の場合

前作と同様にスペシャルリングを取得するとスペシャルステージにワープする。内容と目的は前作と同じだが、ステージは全く違うもので、新しいボールにイエローボールが追加され、これに触れると大ジャンプする。すべてのボールをレッドボールにすると、カオスエメラルドが手に入る。これを7個全て獲得した状態でリングを50枚以上取り、ジャンプ中に再度ジャンプボタンを押すとスーパーソニックに変身できる。ナックルズもスーパーナックルズに変身可能。能力はどちらも前作と同じである。また、7個全て取得してクリアすると、真のエンディングが見られる。すでに、カオスエメラルドが7個ある場合は前作と同様、取得してもリングを50個獲得するだけになる。

ソニック3&ナックルズの場合
前半・ソニック3のステージにあるスペシャルリングに入った場合、ソニック3当時のスペシャルステージをプレイすることになるが、後半・ソニック&ナックルズのステージにあるスペシャルリングは、ソニック3のスペシャルステージのカオスエメラルドを全部集めた状態だと虹色に輝き、これに入ると「HIDDEN PALACE ZONE」のエメラルドの祭壇にワープする。
エメラルドを集めていない場合はソニック3のスペシャルステージに入るが、マッシュルームヒルゾーンの最初に挿入されるシーンのものは全て取っていなくても虹色になる。
エメラルドの祭壇では、台の上の7つのエメラルドのどれかに乗ることによって、それぞれのエメラルドに対応した『ソニック&ナックルズ』のスペシャルステージに入ることができ、これをクリアするとそのカオスエメラルドを「スーパーエメラルド」にすることができる。
7個のエメラルド全てを「スーパーエメラルド」にした状態で、リングを50枚以上取ってジャンプ中にボタンを押すと、ソニックは「ハイパーソニック」、テイルスは「スーパーテイルス」、ナックルズは「ハイパーナックルズ」にそれぞれ変身することができるようになる。
また、この14個のスペシャルステージ全てをクリアすると、隠されていたボスステージが出現しこれをクリアすることで真のエンディングを見ることができる(ソニック3のカオスエメラルドだけを集めた状態でゲームクリアした場合はソニック&ナックルズ単独での真のエンディングと同じ物が流れる)。

登場キャラクター[編集]

敵キャラクター[編集]

ドクター・エッグマン
エッグマンモービル
ジェットモービル
ゾーン1のボス。
ハングモービル
ゾーン2のボス。
エッグゴーレム
ゾーン3のボス。
ホットモービル
ゾーン4のボス。
メカソニック
ゾーン6のボス。ナックルズ編のラスボス。ナックルズ編ではマスターエメラルドを使い、スーパーメカソニックに変身する。
巨大エッグマンロボ・エッグマンJr.
ゾーン7~8のラスボス。ソニック&テイルス編のラスボス。
ナックルズ
ゾーン5のボス。ソニック&テイルス編のボス。ナックルズ編ではボスは存在しない。

敵ロボット[編集]

トンバー
ゾーン1に出現。トンボ型ロボット。8の字を描くように飛ぶ。頭にしか攻撃が効かない。
テフテフ
ゾーン1に出現。チョウ型ロボット。二匹セットで出てきて、こちらを追いかけてくる。
ヒドゥン
ゾーン1に出現。キノコに擬態したロボット。二回攻撃しないと倒せない。
モグモグ
ゾーン1に出現。モグラ型ロボット。キノコを投げてくる。ダメージは無いが大きく飛ばされる。
ケッコー
ゾーン1に出現。風見鶏型ロボット。風を起こして押し戻される。
チューチュー
ゾーン2に出現。ネズミ型ロボット。床や壁、天井を上下または左右に動く。
ポンポン
ゾーン2に出現。カブトムシ型ロボット。角から弾を出す。
スコープ
ゾーン3に出現。サソリ型ロボット。トゲの付いた尻尾を伸ばして攻撃してくる。
ナール
ゾーン3に出現。イモムシ型ロボット。流砂から飛び出してくる。頭にしか攻撃が効かない。
ロックン
ゾーン3に出現。岩に擬態した敵。触れてもダメージを受けない。
ヒュードロ
ゾーン3に出現。幽霊。明るい内は害はないが、真っ暗になると攻撃してくる。倒すことはできない。
マンバー
ゾーン4に出現。イモムシ型ロボット。穴から出てきて空中を左右に移動する。
イワモドキ
ゾーン4に出現。岩に擬態した敵。近づくと爆破し、破片を撒き散らす。
プワゾーン
ゾーン4に出現。ガスを吹き出す敵。ガスに触れ、一定時間経つとダメージを受ける。
エッグロボ・ヘビー01 "エッグマンJr."
ゾーン6に出現。ビームを撃ってくる敵。
ガーディ
ゾーン7に出現。左右に移動し、トゲ付きの鉄球を飛ばしてくる。
クロウ
ゾーン7に出現。ソニックを見つけると素早く移動し、トゲで攻撃してくる。

中ボス[編集]

ヘイ・ホウ
ゾーン1の中ボス。
ガプセル
ゾーン2の中ボス。
ガーディアン
ゾーン3の中ボス。
ヒートアームズ
ゾーン4の中ボス。
メカソニック(メタルソニックII)
ゾーン6の中ボス。エッグマンモービルに乗り、過去のグリーンヒルゾーンでのエッグモービルや、フライング・エッグマンを模した攻撃を行ってくる。
レッドアイ
ゾーン7の第1中ボス。
デスボール
ゾーン7の第2中ボス。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 Ref.
1 ソニック&ナックルズ コレクション 日本 199702141997年2月14日
アメリカ合衆国 199703141997年3月14日
ヨーロッパ 199703201997年3月20日
Windows 95 エッチ・アイ・シー
USP
セガ CD-ROM 日本 HCJ-0108
アメリカ合衆国 85037
ヨーロッパ MK-85037
2 ソニック ジャム 日本 199706201997年6月20日
アメリカ合衆国 199707311997年7月31日
ヨーロッパ 199708281997年8月28日
セガサターン ソニックチーム セガ CD-ROM 日本 GS-9147
アメリカ合衆国 81079
ヨーロッパ MK81079-50
3 Ultra2000 ソニック & ナックルズ コレクション 日本 199911191999年11月19日
Windows 95 セガ メディアカイト CD-ROM MKW-051 [3]
3 ソニック メガコレクション 日本 200212192002年12月19日
アメリカ合衆国 200211102002年11月10日
ヨーロッパ 200303072003年3月7日
ゲームキューブ ソニックチーム
VR-1ジャパン
セガ 8センチ光ディスク 日本 DOL-GSOJ-JPN
アメリカ合衆国 DOL-GSOE-USA
ヨーロッパ DOL-GSOP-EUR
4 遊遊 ソニック&ナックルズ コレクション 日本 200406182004年6月18日
Windows 95/98/Me セガ メディアカイト CD-ROM - 廉価版
5 ソニック メガコレクション プラス アメリカ合衆国 200411022004年11月2日
日本 200412092004年12月9日
ヨーロッパ 200502042005年2月4日
PlayStation 2
Xbox
ソニックチーム セガ DVD-ROM PS2:アメリカ合衆国 SLUS-20917
日本 SLPM-65758
ヨーロッパ SLES-52998
XB:アメリカ合衆国 SKU-64057
日本 ZD6-00003
ヨーロッパ INL-X06002
6 ソニック アルティメット ジェネシスコレクション アメリカ合衆国 200902102009年2月10日
ヨーロッパ 200902202009年2月20日
オーストラリア 200902202009年2月20日
PlayStation 3
Xbox 360
Backbone セガ BD-ROM
DVD-ROM
PS3:アメリカ合衆国 BLUS-30259
ヨーロッパ BLES-00475
X36:アメリカ合衆国 68034
ヨーロッパ 384-40210
7 ソニック&ナックルズ INT 200909092009年9月9日
Xbox 360 Backbone Emeryville セガ ダウンロード
(Xbox Live Arcade)
アメリカ合衆国 AGB-P-A3PE
ヨーロッパ AGB-P-A3PP
[4]
8 ソニック&ナックルズ 日本 200910272009年10月27日
ヨーロッパ 201002122010年2月12日
アメリカ合衆国 201002152010年2月15日
Wii セガ セガ ダウンロード アメリカ合衆国 320540355
[5]

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:中山隼雄
  • プロジェクト・マネージャー:鈴木尚、豊田忍、吉井正晴
  • プロデューサー、リード・プログラマー:中裕司
  • ディレクター、リード・ゲーム・デザイナー:安原広和
  • シニア・ゲーム・デザイナー:よしだひさよし、飯塚隆
  • シニア・プログラマー:浜野隆弘、山元雅信
  • キャラクター・デザイナー、アニメーター:湯田高志
  • CGアーティスト:あおきくにたけ
  • エネミー・アーティスト:横川聡
  • シーン・アーティスト:あおきくにたけ、吉田千恵、青木恒子、岡田茂、湯田高志、横川聡
  • アート・アシスタント:大橋修
  • 音楽:ブラッド・バクサー、ボビー・ブルックス、ダリル・ロス、ジェフ・グレース、ダグ・グリグスビー3世、シロッコ、ハワード・ドロッシン英語版
  • セガ・サウンド・チーム:BO(上保徳彦)、小河幸男、MILPO(香嶋良昭)、瀬津丸勝、前田龍之、澤田朋伯、長尾優進、瀬上純
  • サウンド・プロジェクト・コーディネーター:荷宮尚樹
  • エグゼクティブ・マネージメント:入交昭一郎トム・カリンスケ英語版、ポール・リウー
  • プロダクト・マネージャー:パメラ・ケリー
  • エグゼクティブ・コーディネーター:重田守、高見富夫、ダイアン・A・フォルナシェ、ロジャー・ヘクター、うつのみやたかはる
  • サウンド・スペシャル・サンクス:坂崎ニーナ眞由美 (MRM)、キューブ、オーパス、なかやままさのり(スタジオフー)
  • スペシャル・サンクス:石渡爾奈、かわむらえみ、デボラ・マクラケン、牧野卓

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3.5/5stars (MD)[6]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー9.25/10 stars (MD)[7]
ファミ通30/40点 (MD)[8]
(シルバー殿堂)
GameFan91% (MD)[9]
GamePro5/5stars (MD)[10]
IGN7.5/10点 (X36)[11]
9/10点 (Wii)[12]
Next Generation4/5stars (MD)[13]
NintendoLife8/10点 (Wii)[14]
Sega Power90% (MD)[15]
Sega Magazine92% (MD)[16]
Game Players95% (MD)[9]
エンターテインメント・ウィークリーA- (MD)[9]
Mean Machines85% (MD)[9]
メガドライブFAN24.5/30点 (MD)[17]
ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、8・8・8・6の合計30点(満40点)でシルバー殿堂を獲得[8]、『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、24.5点(満30点)となっている[17]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.5 3.9 3.9 4.1 4.0 4.0 24.5

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [セガハード大百科] メガドライブ対応ソフトウェア(セガ発売)”. セガ. 2012年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月31日閲覧。
  2. ^ 【インタビュー】「SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」インタビュー - GAME Watch
  3. ^ メディアカイト,廉価版PCゲームを多数リリース新シリーズも立ち上げ” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (1999年11月12日). 2020年4月18日閲覧。
  4. ^ Rio Tani (2009年8月29日). “メガドライブ時代の隠し要素も!『Sonic & Knuckles』が9月にXBLAで配信” (日本語). Game*Spark. イード. 2020年4月18日閲覧。
  5. ^ 中野信二 (2009年10月23日). “セガ、「ソニック&ナックルズ」。バーチャルコンソールで10月27日より配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年4月18日閲覧。
  6. ^ Thompson, Jon. “Sonic & Knuckles – Review”. Allgame. 2014年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月5日閲覧。
  7. ^ “Review Crew: Sonic & Knuckles”. Electronic Gaming Monthly (EGM Media, LLC) (65): 34. (December 1994). 
  8. ^ a b ソニック&ナックルズ まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年4月18日閲覧。
  9. ^ a b c d Sonic & Knuckles for Genesis (1994)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年4月18日閲覧。
  10. ^ “ProReview: Sonic & Knuckles”. GamePro (IDG) (64): 72–73. (November 1994). 
  11. ^ Sonic & Knuckles for Xbox 360 (2009)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年4月18日閲覧。
  12. ^ Thomas, Lucas M. (2010年2月22日). “Sonic & Knuckles Review”. IGN. 2014年11月17日閲覧。
  13. ^ “Finals”. Next Generation (Imagine Media) (1): 101. (January 1995). 
  14. ^ Newton, James (2010年2月16日). “Review”. NintendoLife. 2014年12月7日閲覧。
  15. ^ Sonic & Knuckles review”. Sega Power (1994年11月). 2015年2月6日閲覧。
  16. ^ Sonic & Knuckles overview”. Sega Magazine (1994年10月). 2015年2月6日閲覧。
  17. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 855頁、 ASIN B00J16900U

関連項目[編集]