ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
Sony Imaging Products & Solutions Inc.
ロゴ
Sony headquarters (crop).jpg
種類 株式会社
略称 SONY
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南一丁目7番1号
ソニーシティ
北緯35度37分52.3秒 東経139度44分37.5秒 / 北緯35.631194度 東経139.743750度 / 35.631194; 139.743750座標: 北緯35度37分52.3秒 東経139度44分37.5秒 / 北緯35.631194度 東経139.743750度 / 35.631194; 139.743750
設立 2017年4月1日
業種 電気機器
法人番号 5010401127782
事業内容 映像機器
代表者 石塚茂樹
(代表執行役社長
資本金 1億円
売上高 5,796億円(2016年度)
営業利益 473億円(2016年度)
従業員数
決算期 3月末日
主要株主 ソニー株式会社 100%
関係する人物 井深大(共同創業者)
盛田昭夫
江崎玲於奈(物理学者、ソニー元研究員)
ほか多数
外部リンク ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ
テンプレートを表示

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社: Sony Imaging Products & Solutions Inc., SIPS)は、写真映像機器αなど)の開発、製造、販売などを行うソニーグループ企業

本社移転・事業所集約計画[編集]

2020年10月頃を目処に、横浜みなとみらい地区(54街区)で清水建設が建設しているオフィスビル「横浜グランゲート」(同年2月竣工予定)を1棟借りて、本社の移転および事業所の集約、研究開発拠点(カメラ関連技術をはじめとして、プロジェクタを含むディスプレイ製品やメディカル関連機器などの研究開発を行う)の設置を計画している[1][2][3]

沿革[編集]

  • 2015年2月 - ソニーは、中期経営方針にて、ソニー株式会社社内の事業部門で運営していた事業を順次分社化する方針を発表。
  • 2016年10月 - ソニーはイメージング事業の分社化を発表。
  • 2017年4月 - ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社設立。
  • 2020年10月 - 本社を横浜みなとみらい地区のオフィスビル「横浜グランゲート」内に移転予定。

製品[編集]

デジタルカメラ

プロフェッショナルカメラ

医療用機器

脚注[編集]

[ヘルプ]