ソニー・ビル・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sonny Bill Williams Rugby union pictogram.svg
Sonny Bill Williams August 2014 .jpg
ラグビーリーグフォーネイションズのプロモーションの際のウィリアムズ(2014年8月)
基本情報
生年月日 (1985-08-03) 1985年8月3日(34歳)
出身地 ニュージーランド、オークランド
身長 194 cm[1]
体重 110 kg[1]
学校 マウント・アルバート・グラマースクール
ラグビーリーグ経歴
ポジション セカンドローロックセンター
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2004–2008 カンタベリー・ブルドッグズ 73 (124)
2013–2014 シドニー・ルースターズ 45 (44)
2020–2021 トロント・ウルフパック 0 (0)
更新日:  2019年8月17日
代表
チーム 出場 (得点)
2004–2013 ニュージーランド 12 (25)
更新日:  2019年8月17日
ラグビーユニオン経歴
ポジション センター
オールブラックス番号 1108
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2008–2010 トゥーロン 33 (30)
2010–2011 カンタベリー 7 (20)
2011 クルセイダーズ 15 (25)
2012–2015 チーフス 28 (30)
2012 パナソニック ワイルドナイツ 7 (10)
2014– カウンティーズ・マヌカウ 3 (0)
2017–19 ブルーズ 18 (5)
更新日:  2019年8月30日
代表
チーム 出場 (得点)
2009 バーバリアンズ 1 (0)
2010– ニュージーランド 58 (80)
更新日:  2019年11月2日
国セブンズ代表
チーム 出場
2016 ニュージーランド
更新日:  2019年8月21日
■テンプレート

ソニー・ビル・ウィリアムズSonny Bill Williams 1985年8月3日 - )は、ニュージーランド出身のラグビー選手、ヘビー級ボクサーである。ラグビーリーグラグビーユニオンの両方でのプレー経験がある。ラグビーリーグでニュージーランド代表となった後に、ラグビーユニオンでも代表となった史上2人目の選手である。現在の所属はスーパーリーグトロント・ウルフパック。リーグとユニオンのどちらのコードでもタックルを受けた時のオフロードパスの能力で知られる。ラグビーリーグではショルダーチャージでも有名だった(ショルダーチャージはその危険性により2017年に禁止された)[2][3][4]

人物[編集]

1985年8月3日、ニュージーランド、オークランドで生まれる。家系はサモア出身。身長194cm、体重108kg。2008年にイスラム教に改宗した。2010年2011年のカンタベリー地震で被災。

愛称は名前の頭文字をとって“SBW”である。

キャリア[編集]

ラグビーリーグ[編集]

ラグビーリーグ選手だった父親の影響で少年時代からラグビーリーグに親しみ、オークランド市内のマウント・アルバート・グラマースクール卒業後、オーストラリアのラグビーリーグ (NRL) チーム、ブルドッグズにスカウトされて入団、2004年、18歳でパラマタ・イールズ戦でデビュー。その年に所属するチームはグランドファイナル優勝、International Newcomer of the Year Awardを受賞。3年目に21試合出場8トライ(32点)、4年目には21試合出場14トライ(56点)と活躍、リーグ界のスターとなった(リーグ時代のポジションはセカンドロー、ロック、センター)。

しかし、2007年にブルドッグズと2012年までの5年契約(250万ドル)を結んでいたが、その契約の一年後、2008年に突如フランスラグビーユニオンクラブチーム、RCトゥーロンに移籍した。

ラグビーユニオン[編集]

突然のユニオン転向、チーム移籍には、オーストラリア国内で話題となった(2008年の男性向け週刊誌「ズー・ウィークリー」による「嫌いな有名人ベスト50」で、ウィリアムズがバリ爆弾テロ犯であるアムロジ死刑囚を大きく引き離し1位に選ばれたほど)。

その後トゥーロンはブルドッグスに移籍金30万ポンドを支払い、2010年までの3年契約を結んだ。当時トゥーロンのコーチだった元オールブラックスの英雄タナ・ウマガと親交を深め、本人もオールブラックス入りを望んでいたこともあり、2010年フランスでのシーズン終了後、トゥーロンの引き止め(3年で600万ドルという破格の契約という噂)もあったが、ニュージーランドラグビー協会と契約、ニュージーランド州代表選手権 (ITM CUP) 出場のため、カンタベリーに所属した。

2010年、ベイオブプレンティ戦でITM杯デビューした。カンタベリーの選手権優勝に大きく貢献し、同年10月、念願だったオールブラックスに選出された。11月6日のイングランド戦で代表デビュー、翌週13日のスコットランド戦では最優秀選手に選ばれた。

この年の欧州遠征では、同じセンターバックのマア・ノヌーと2人合わせて体重が212キロもあり「オールブラックス史上最“重”」と話題になった。

2011年、スーパーラグビーの強豪クルセイダーズに入り、ワラタス戦でデビュー。2月の震災により4月にロンドントゥイッケナム・スタジアムで代替地開催となったシャークス戦で、フォワードの怪我が多く交替メンバーがいなくなったために、フランカーとしてスクラムに参加した。

2012年7月9日、スーパーラグビーのシーズン終了後にジャパンラグビートップリーグパナソニック ワイルドナイツと契約することが発表された[5]。ウィリアムズは、パナソニック ワイルドナイツで10試合プレーした後、ラグビーユニオンを離れ、ナショナル・ラグビーリーグに所属するオーストラリアのチームに加入する予定となっている[5]。ウィリアムズには日本で140万ドル(約1億1千万円)、NRLでは57万ドル(約4500万円)が支払われることが報道されている[5]

2016年には7人制ニュージーランド代表に選出され、リオデジャネイロオリンピックに出場したが、初戦の日本戦でタックルを受けて負傷し離脱、ウィリアムズはリオ五輪を1試合で去ることになった[6]

ボクシング[編集]

ウィリアムズは体幹を鍛えるためにボクシングをトレーニングに取り入れた。しかし、トレーニングにとどまることなく、2009年5月にリングデビューし、プロ相手に2ラウンドTKOで勝利した。2011年6月、スーパーラグビーのシーズン中ではあるが、クライストチャーチ震災のチャリティーマッチを行い勝利、クライストチャーチ市に売上金を寄付した。現在までの戦績は7戦7勝3KOである。

2013年2月8日、WBAインターナショナルヘビー級タイトルマッチでフランソワ・ボタと対戦、10回判定で勝利しタイトルを獲得した。しかし国際タイトルマッチは12ラウンドで行われるのが通常であり、発表されていた12ラウンドから、観客だけでなく関係者への告知も事前に無く10ラウンドで終了したことで、ボタが終盤に試合を盛り返していたこともあってフェアでないと不満が続出、ブックメーカーが掛け金の返金に応じるなど混乱が起きた[7]。また試合から数日後、15万オーストラリアドル(約1450万円)の報酬で負けるよう八百長試合を持ちかけられていたことをボタが暴露している[8]

2013年10月13日、2015年のワールドカップや2016年のオリンピックなどに向けラグビー活動に専念するため、少なくとも今後三年間はボクシングを行わない事が報じられる[9]

2015年1月31日、2年ぶりの試合で藤本京太郎と対戦したことがあるチャウンシー・ウエリバーと対戦し、8回判定勝利を収めた。

脚注[編集]