ソフィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ソフィアソフィーヤゾフィアソファイアSophiaSofiaSofijaギリシア語Σοφια

古代ギリシア語で、智慧・叡智を意味するソピアーΣοφια)より派生した。現代ギリシア語ではソフィアとなる。ソピアーは女性名詞であるので、女性の名や都市の名、建造物などに使用される。ラテン語ではソフィアフランス語ではソフィー (Sophie)、ドイツ語ではゾフィー (Sophie) となる。ソニア (Sonia) も同起源。

思想[編集]

  • ソピアー - ヘレニズム時代の神秘思想における智慧の女神。また古代の智慧の擬人化で女神象徴である。
  • ソフィア (グノーシス主義) - グノーシス主義のアイオーンの名。
  • ピスティス・ソフィア (Pistis Sophia) - グノーシス主義文書の名。ピスティスはギリシア語で信仰の意味

人名[編集]

王族・皇族[編集]

それ以外[編集]

聖人[編集]

架空の人名[編集]

地名[編集]

施設[編集]

  • 聖ソフィア聖堂 - 叡智すなわち神を記憶するか、ソフィアの名を持つ聖人を記憶するキリスト教の聖堂の一覧記事

会社[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]