ソフトバンク・ビジョン・ファンド2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ソフトバンク・ビジョン・ファンド2(SoftBank Vision Fund 2)は、ソフトドリンクグループなどの出資により設立される予定のテクノロジー分野に特化した投資ファンド。組成は2020年3月末までに完了する計画と言われている[1]

概要[編集]

ソフトバンク・ビジョン・ファンドの成功を受け、2019年7月約1,080億米ドル(11.7兆円)規模の投資ファンドの設立が発表された。リミテッド・パートナーにはソフトバンクグループ(380億ドル)の他、アップルフォックスコン・テクノロジー・グループマイクロソフトみずほ銀行三井住友銀行三菱UFJ銀行第一生命保険三井住友信託銀行SMBC日興証券大和証券グループカザフスタン国立銀行投資公社、スタンダードチャータード銀行、匿名の台湾の大手投資家およびこのファンド経営陣による出資が見込まれている[2]

なお2019年7月時点では前ファンドに参画したサウジアラビアパブリック・インベストメント・ファンド英語版ムバダラ開発公社クアルコムシャープの名前はないが出資協議は継続されている[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]