ソブリヌス菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソブリヌス菌
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: フィルミクテス門
Firmicutes
: バシラス綱
Bacilli
: ラクトバシラス目
Lactobacillales
: レンサ球菌科
Streptococcaceae
: レンサ球菌属
Streptococcus
: ソブリヌス菌
S. sobrinus
学名
Streptococcus sobrinus
(ex Coykendall 1974) Coykendall 1983

ソブリヌス菌(ソブリヌスきん、学名:Streptococcus sobrinus ストレプトコックス・ソブリヌス)とは、グラム陽性通性嫌気性連鎖球菌の一種のことである。ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである[1]。近年では虫歯菌の別名としても有名。1887年ルイ・パスツールによって発見された。

出典[編集]

  1. ^ 浜田 茂幸 「ミュータンスレンサ球菌のビルレンス因子の解析と同因子の抑制」『日本細菌学雑誌』 1996年 51 巻 4 号 931-951 DOI https://doi.org/10.3412/jsb.51.931

参考文献[編集]

  • Alan L. Coykendall: Streptococcus sobrinus nom. rev. and Streptococcus ferus nom. rev.: Habitat of These and Other Mutans Streptococci. In: International Journal of Systematic Bacteriology. Band 33, Nr. 4, Oktober 1983, S. 883–885.