ソユーズ15号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソユーズ15号
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズ15号
質量 6760kg
乗員数 2
コールサイン Дунай
発射台 ガガーリン発射台[1]
打上げ日時 1974年8月26日19:58:05 UTC
着陸または着水日時 1974年8月28日20:10:16 UTC
アスタナ南西48km
ミッション期間 2 days, 0 h, 12 min, 11 s
周回数 32
遠地点 236km
近地点 173km
公転周期 88.5 分
軌道傾斜角 51.6°
年表
前回 次回
ソユーズ14号 Soyuz 16Apollo-Soyuz.pngソユーズ16号

ソユーズ15号ロシア語: Союз 15)はソビエト連邦による1974年有人宇宙飛行ミッション。宇宙ステーションサリュート3号に向かった。軍事目的だったと推測されている[2]

1974年8月26日に打ち上げられ、ソユーズは宇宙ステーションに接近した。しかし宇宙飛行士レフ・デミンゲナジ・サラファノフは自動ドッキングシステムの不具合によりドッキングできなかった。手動でのドッキングを続けて行う十分な推進剤が残っていなかったので、ミッションは放棄された[3]。乗員は8月28日に地上に帰還した。予定していた飛行時間は19日から29日間だったと打上げウィンドウから推測されている[3]

一方、後のソ連当局の主張によればドッキングは元から予定しておらず、このフライトは宇宙ステーション付近でマヌーバする技術を実証していたに過ぎないという[2]

搭乗員[編集]

支援搭乗員[編集]

予備搭乗員[編集]

ミッション情報[編集]

  • 重量: 6760kg
  • 近地点: 173km
  • 遠地点: 236km
  • 軌道傾斜角: 51.6°
  • 周期: 88.5 分

参考文献[編集]

  1. ^ Baikonur LC1”. Encyclopedia Astronautica. 2009年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月4日閲覧。
  2. ^ a b Clark, Phillip (1988). The Soviet Manned Space Program. New York: Orion Books, a division of Crown Publishers, Inc.. ISBN 0-517-56954-X. 
  3. ^ a b Newkirk, Dennis (1990). Almanac of Soviet Manned Space Flight. Houston, Texas: Gulf Publishing Company. ISBN 0-87201-848-2.