ソユーズTMA-18M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソユーズTMA-18M
Exp46 undock2.jpg
ISSから分離されたソユーズTMA-18M (2016年3月2日)
運用者 ロスコスモス
COSPAR ID 2015-043A
SATCAT № 40885
特性
宇宙機 11F747 No.718
宇宙機種別 ソユーズTMA-M 11F747
製造者 RKKエネルギア
乗員
乗員数 3
乗員 セルゲイ・ヴォルコフ
打ち上げ アンドレアス・モーゲンセン
アイディン・アイムベトフ
着陸 ミハイル・コルニエンコ
スコット・ケリー
コールサイン Eridan (エーリダノス)
任務開始
打ち上げ日 2015年9月2日
04:37:42 UTC
ロケット ソユーズFG
任務終了
着陸日 2016年3月2日
04:25:27 UTC
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ポイスク
ドッキング(捕捉)日 2015年9月4日
07:42:00 UTC
分離日 2016年3月2日
01:02:30 UTC
dock時間 179日17時間20分

Soyuz-TMA-18M-Mission-Patch.png

Soyuz TMA-18M crew members during training sessions.jpg
左からモーゲンセン、ヴォルコフ、アイムベトフ
ソユーズ計画
(有人宇宙飛行)

ソユーズTMA-18M国際宇宙ステーションに第45次長期滞在クルーを送り届けるために2015年9月2日バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた有人宇宙船で、1967年の初打ち上げ以来127機目のソユーズ宇宙船である。セルゲイ・ヴォルコフ、アンドレアス・モーゲンセン、アイディン・アイムベトフの3名が搭乗した[1]。 アイディン・アイムベトフは初のカザフ人宇宙飛行士で、初の宇宙飛行であった[2]。また、アンドレアス・モーゲンセンは初のデンマーク人宇宙飛行士であった[3]

アイムベトフとモーゲンセンはソユーズTMA-16Mに搭乗して2015年9月12日に先に帰還し、ソユーズTMA-18Mの帰還時にはヴォルコフのほか1年間の長期滞在を終えたミハイル・コルニエンコスコット・ケリーの3名が搭乗して2016年3月2日にカザフスタンに着陸した。

クルー[編集]

地位[4] 打ち上げ機メンバー 着陸機メンバー
コマンダー ロシアの旗 セルゲイ・ヴォルコフ, RSA
第45次長期滞在
最後・3回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 1 デンマークの旗 アンドレアス・モーゲンセン[5], ESA
IrISS[6]
1回目の宇宙飛行
ロシアの旗 ミハイル・コルニエンコ, RSA
第46次長期滞在
最後・2回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 2 カザフスタンの旗 アイディン・アイムベトフ[1], KazCosmos
なし
1回目の宇宙飛行
アメリカ合衆国の旗 スコット・ケリー, NASA
第46次長期滞在
最後・4回目の宇宙飛行

バックアップクルー[編集]

地位[7] メンバー
コマンダー ロシアの旗 オレグ・スクリポチカ, RSA
フライトエンジニア 1 フランスの旗 トーマス・ペスケ, ESA
フライトエンジニア 2 ロシアの旗 セルゲイ・プロコピエフ, RSA

宇宙旅行者の搭乗予定と顛末[編集]

当初、宇宙旅行者としてイギリスの歌手サラ・ブライトマンが搭乗することが予定されていた。しかし、彼女は2015年5月13日に家庭の事情で訓練を中断すると発表した[8]

バックアップクルーとして日本人起業家の高松聡が訓練を受ける予定だったが、彼も当時携わっていたプロジェクトの関係で訓練入りできなくなり、将来の飛行機会に挑戦することになった[2]

ロシア人実業家のフィラレット・ガルチェフにも打診があったが、彼も訓練の時間が取れないとして断念した[1]

結局、ロスコスモスはアイディン・アイムベトフを搭乗させることに決定した[2]

帰還[編集]

国際宇宙ステーションに1年間滞在したクルー2名を含む3名を乗せ、2016年3月2日 04:26 UTC[9]に無事帰還した。

その後[編集]

ソユーズTMA-18Mの帰還カプセルは、デンマーク人初の宇宙飛行士であるアンドレアス・モーゲンセンが搭乗したことを記念してヘルシンゲルにあるデンマーク科学技術博物館に展示されている[10]

References[編集]

  1. ^ a b c TASS (2015年6月22日). “Kazakhstani cosmonaut to fly to ISS in September in place of British singer Brightman”. 2015年6月22日閲覧。
  2. ^ a b c Jeff Foust (2015年6月22日). “Kazakh Cosmonaut To Take Brightman’s Place On Soyuz Flight”. Space News. http://spacenews.com/kazakh-cosmonaut-to-take-brightmans-place-on-soyuz-flight/ 
  3. ^ Soyuz TMA-18M launches on two day trip to ISS” (2015年9月1日). 2015年9月3日閲覧。
  4. ^ ru:Планируемые полёты” (ロシア語). astronaut.ru. 2012年9月4日閲覧。
  5. ^ Andreas Mogensen set for Soyuz mission to Space Station in 2015
  6. ^ ESA. “Andreas Mogensen’s mission name links cosmos and Earth”. 2015年6月22日閲覧。
  7. ^ astronaut.ru (2013年). “Орбитальные полёты”. 2014年10月19日閲覧。
  8. ^ Singer Sarah Brightman calls off flight to space station 13 May 2015
  9. ^ Gebhardt,Chris (2016年3月1日). “Year In Space mission ends with Soyuz TMA-18M return”. nasaspaceflight.com. 2016年3月6日閲覧。
  10. ^ “Historic space capsule ‘touches down’ in Denmark”. (2018年4月12日). http://cphpost.dk/news/historic-space-capsule-touches-down-in-denmark.html 2018年5月8日閲覧。 

External links[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、ソユーズTMA-18Mに関するカテゴリがあります。