ソユーズ (単語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ソユーズロシア語: Союз)とはロシア語で団結・結合・同盟を意味する単語。文字通りに読めば「ソユーズ」であるが、標準的なロシア語の発音としてはサユースが近い。英語ではunionに相当する語である。

使用例[ソースを編集]

ソビエト社会主義共和国連邦(露:Союз Советских Социалистических Республик、ソユーズ サヴィェーツキフ サツィアリスチーチェキフ リスプーブリク。英:Union of Soviet Socialist Republics)のロシア語での文頭はСоюз、即ち「同盟」であり戦前の日本ではソ同盟(ゾヴィエト同盟・蘇同盟)などと呼ばれていた。しかし戦後からは専らソビエト連邦・ソ連邦・ソ連などと呼ばれるようになった。

「連邦」の和訳について[ソースを編集]

前述のようにСоюз(英・union)はфедерация「連邦」とは異なる。しかし、ソ連自体が「Союзとはфедерация(連邦)である」と説明し、在日ソ連大使館も戦前から一貫して「連邦」の訳語を使用していたことから、日本語でСоюзを連邦と訳すことは誤りではない。

しかし多くの言語では現在でも区別される。(下記)

  • 日:連邦、連邦(例:ソビエト連邦、ロシア連邦)
  • 中:联盟、联邦(例:苏维埃社会主义共和国联盟・ソ連邦、俄罗斯联邦・ロシア連邦)
  • 露:союз、федерация(例:Советский Союз・ソ連邦、Российская Федерация・ロシア連邦)
  • 英:union、federal(例:Soviet Union・ソ連邦、Russian Federation・ロシア連邦)

などがある。

関連項目[ソースを編集]