ソラカラフル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソラカラフル
シュノーケルEP
リリース
ジャンル オルタナティブ・ロック
ロック
J-POP
時間
レーベル TURTLE RECORDS
シュノーケル アルバム 年表
シュノーケル
2004年
ソラカラフル
2005年
SNOWKEL SNORKEL
2006年
テンプレートを表示

ソラカラフル』は、日本のロックバンド、シュノーケルの1枚目のミニアルバム

解説[編集]

2004年に結成されたシュノーケルにとって初の全国流通作品となったミニアルバム。本作はTURTLE RECORDSという自主レーベルからの発売となっている。このレーベルは、2014年の再始動以降再び使用されている。

同年11月2日にメジャーデビューしており、本作はメジャーデビュー前の最後の作品である。

5月27日、「okuda tamio tour "MTR&Y"」(Zepp Fukuoka)にてオープニングアクトを務め、同ライブにて先行発売。また、7月9日には本作の発売を記念したワンマンライブ「空耳colorful」が開催された[1]

イラストは香葉村多望が担当。

収録曲[編集]

全曲 作詞・作曲:西村晋弥

  1. レコード(5:03)
    (編曲:シュノーケル、上田ケンジ
    • KBCテレビ『V3』2005年6月度エンディングテーマ
    1stアルバム『SNOWKEL SNORKEL』、ベスト・アルバム『Best+』にはリミックスされたアレンジで収録されている。
  2. 空穴(3:40)
    (編曲:シュノーケル、上田ケンジ)
    • KBC高校野球イメージソング
    ベスト・アルバム『Best+』にも収録されている[2]
  3. シュレッダーとストレンジャー(4:48)
    (編曲:シュノーケル、細野しんいち)
    「カタカナとカタカナ」シリーズの第1弾にあたる楽曲[3][注釈 1]。2番にラップが入っている。
    コーラスで土岐麻子が参加。
  4. 君から手紙(3:47)
    (編曲:シュノーケル、細野しんいち)
  5. あいうえお(5:22)
    (編曲:シュノーケル、細野しんいち)
  6. 入道雲 〜弾き語り〜 (bonus track)(4:04)
    メジャー4thシングル「solar wind」にはバンド編成でリアレンジされた音源が収録されているが、歌詞が一部異なる。
    メジャーデビュー後のライブでも、西村が弾き語りで「入道雲」を演奏するときは、本作に収録の歌詞・アレンジで演奏される。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第2弾は1stアルバム『SNOWKEL SNORKEL』収録の「アマヤドカリとキリギリス」、第3弾は2ndアルバム『EQ』収録の「ボクラとキミラ」

出典[編集]

  1. ^ シュノーケル
  2. ^ “シュノーケル初のベストアルバムに、チャットモンチー橋本絵莉子作詞の新曲収録”. rockinon.com (ロッキング・オン). (2009年8月27日). https://rockinon.com/news/detail/24992 2019年5月30日閲覧。 
  3. ^ シュノーケル インタビュー”. hotexpress. 阪神コンテンツリンク (2007年10月3日). 2008年3月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月11日閲覧。