ソランジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ソランジュ
Solange
Solange (220707).jpg
Solange 2017年
生誕 ソランジュ・ピアジェ・ノウルズ
Solange Piaget Knowles

(1986-06-24) 1986年6月24日(34歳)[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ヒューストン
別名 ソランジュ・ノウルズ・スミス
Solange Knowles-Smith
職業 シンガーソングライター、パフォーマンス・アーティスト、レコードプロデューサー女優モデル
活動期間 2001年 -
配偶者 Daniel Smith (2004 - 2007)
Alan Ferguson (2014 - 2019)
子供 1人
マシュー・ノウルズ (父)
ティナ・ノウルズ (母)
家族 ビヨンセ (姉)
音楽家経歴
ジャンル R&Bファンクヒップホップソウルポップ
担当楽器 ボーカルキーボード打楽器
レーベル
  • Music World
  • Columbia
  • Interscope Geffen A&M
  • Terrible
  • Saint
公式サイト www.solangemusic.com

ソランジュ・ピアジェ・ノウルズ(Solange Piaget Knowles、[sˈlɑːnʒ]1986年6月24日 - )は、ソランジュSolange)の名で知られるアメリカ合衆国女性シンガーソングライターレコードプロデューサー女優モデル[2]

幼い頃から音楽への興味を示していたソランジュは、姉のビヨンセが所属するデスティニーズ・チャイルドのバックダンサーとして経験を積んだ後、父親のマシュー・ノウルズのレーベル、ミュージック・ワールド・エンターテインメントと契約する。2002年、16歳の時に、最初のスタジオ・アルバム『ソロ・スター』を発表。2005年から2007年の間には、映画『チアーズ3』などいくつかの作品に女優として出演した。加えて、姉のビヨンセ・ノウルズ・カーター、デスティニーズ・チャイルドの元メンバーケリー・ローランドミシェル・ウィリアムズの為に楽曲を制作した。

2007年から自身の音楽活動を再開、レコーディングを開始する。2008年に発表された2作目のスタジオ・アルバム『ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』は、デビュー当時のポップス指向の音楽から脱却し、1960年代1970年代のモータウンサウンドを取り入れたものになった。アルバムはBillboard 200で最高9位を記録し、音楽批評家からも肯定的評価を受けた。2012年1980年代のポップスとR&Bに影響を受けたEP『トゥルー』、2016年に3作目のスタジオアルバム『ア・シート・アット・ザ・テーブル』を発表。後者は彼女にとって初のアメリカ1位作品となり、批評的にも絶賛を集めた。リードシングル「Cranes in the Sky」はグラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞を受賞する。2019年には4作目のアルバム『When I Get Home』をリリースする。

ノウルズはモータウンガール・グループに強い影響を受けており、最初の情熱は作詞作曲であった。彼女はしばしばメディアによって彼女の姉妹であるビヨンセと比較されるが、ソランジュは2人が異なる志を持ち、音楽的にも異なっていると主張している。ソランジュは2016年に雑誌『ビルボード』による史上最も成功した100人のダンス・アーティストに選出された[3]。音楽活動以外には、リンメル・ロンドンと宣伝契約や幼児向けのヒップホップ指向の商品の販売などを行っている。

生い立ち[編集]

1986年、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで、アフリカ系アメリカ人のマシュー・ノウルズ(Matthew Knowles)と、カメルーンネイティブアメリカンフランスの血を引くルイジアナ・クレオールを祖先に持つティナ(Tina Knowles)との間に次女として生まれる[4]

ソランジュは子供のころ、演劇とダンスを習っていた。5歳の時に遊園地で歌唱してデビューし、13歳で曲を書き始める。両親はソランジュをクリスティーナ・アギレラや姉ビヨンセが在籍するデスティニーズ・チャイルドのツアーに同行させた[5]。デスティニーズ・チャイルドのメンバー、ケリー・ローランドが全米ツアー中に舞台上でつま先を骨折した際は彼女の代役を務めた[6]。16歳の時に、マネージャーを務めていた父親のレコード会社、ミュージック・ワールド・エンタテインメントと契約する[4]

経歴[編集]

2001年 - 2005年:Solo Star[編集]

マンチェスターでのライブ(2008年)

2001年、デスティニーズ・チャイルドの下でキャリアを開始し、マネージメントは父のマシューが行った[7]。すぐに、アニメや映画のサウンドトラックに楽曲提供するようになり、2002年にはアニメシリーズ『The Proud Family』に声優として出演している[8][9][10]

2003年6月に父マシューがデスティニーズ・チャイルドの再結成の際にソランジュをメンバーに加えることを考えていると興奮気味に明かしたが[11]、8月後半にビヨンセがそれは噂であってソランジュが加わることはないと語っており[12]、結局実現しなかった。

14歳の時にジャーメイン・デュプリザ・ネプチューンズ、リンダ・ペリー、ティンバランドなどのプロデューサーが参加したデビューアルバムの制作を始める[13]。アルバムの楽曲は主にR&Bであったが、ソランジュはポップ、ロックレゲエヒップホップなどの要素も取り入れたいと考え、トラックの15曲のうちいくつかを共同制作した[14][15]

先行シングル『Feelin' You (Part II)』はBillboard Hot 100に入ることができなかったものの、ホットR&B/ヒップホップ・シングルセールスとホット・ダンス・シングルセールスチャート上で3位にランクインした。デビューアルバム『Solo Star』(ソロ・スター)はアメリカで2003年1月21日にリリースされ、Billboard 200に49位で初登場した。R&B/ヒップホップ・アルバムチャートでは23位に入った。しかし評価は賛否が分かれ、Allmusicのウィリアム・リュールマンは「最新技術の現代R&Bアルバム」と評す一方で「多彩なサウンドの中に個性が埋没している」とみなした[16]。2008年中頃までに、アルバムは米国内で11万2000万枚を売り上げた[17]

2004年、シットコム「One on One」のエピソード「The Catch」にゲスト出演。また、コメディ映画『Johnson Family Vacation』にティーンエイジャー役として出演した。2006年には、映画『チアーズ3』でチアリーダーのキャプテン役を演じた。デビューアルバムのリリース後の期間は役者としての活動を続け、音楽のキャリアは途絶えることになった。

2006年 - 2008年:Sol-Angel and the Hadley St. Dreams[編集]

SXSWでのライブ(2009年)

結婚したソランジュはアイダホに移り、2006年に姉ビヨンセのアルバム『B'Day』に収録された楽曲「Get Me Bodied」や「Upgrade U」を制作し、音楽活動を再開した。2007年の離婚後にセカンドアルバムの制作に入り、ゲフィン・レコードと契約[18]。2008年8月26日に2作目のアルバム『Sol-Angel and the Hadley St. Dreams』を発売した。先行シングル『I Decided』がビルボードのダンス/クラブチャートで首位を獲得したものの、アルバムの米国内でのセールスは約11万4000枚にとどまり、ゲフィンとの契約は1作で終了した[19]

1960年代と1970年代に影響を受けた曲を集めたこのアルバムは、ポップ志向のデビュー作とは一線を画したものと見られている[20]。ビルボード誌はアルバムを「ヒップホップとR&Bにブルースやジャズを散りばめた現代的なひねりを加えたもの」と評した[21]

ソランジュは自身のブログHadleyStreetJournal.comを通じて、アルバムに合わせてミックステープをリリースすることを発表した。最初のミックステープ『I Can't Get Clearance...』には、リークされたトラック「Fuck the Industry (Signed Sincerely)」が収録されている[22]。ミックステープは正式にリリースされなかったが、2010年にシングルとして「Fuck the Industry (Signed Sincerely)」がリリースされている。

2008年11月からはアルバムのツアー「the Solange Presents Sol-Angel and the Hadley St. Dreams Tour」を開催した[23]

2009年 - 2014年:True[編集]

Coachellaでのライブ(2014年)

2009年、ソランジュはMTVとのインタビューで次作のサウンドが決定していることを明かした[24]。2010年初頭、ソランジュはロックバンドMidnight Juggernautsと3作目のスタジオアルバムを制作するためにオーストラリアを訪れた。7月7日のVibeとのインタビューで、ソランジュはニューアルバムのレコーディング中に「ちょっとした故障」に見舞われたと語っている。「私は文字通り、このアルバムを作るためにしばらくの間、自分の正気を捨てていました。私たちは文字通り朝起きて、一日中、一晩中音楽を作っていた。それは様々な意味で私に負担をかけ始めました。狂ったようなパニック発作を起こし始めたんです」。ソランジュは「精神的にも、感情的にも、金銭的にも」どのように犠牲を払ったかを説明し「私にとってはアルバム以上のものなの。私の人生の過渡期なんです。」と続けた。アルバムの音楽的な方向性について、彼女はインスピレーションはニューウェーブから来ていると述べ、「これはダンスのレコードだけど、歌詞は時々かなり暗くなることがある」と述べている[25]

2012年9月、ソランジュは久々のシングル「Losing You」のティーザービデオを公開し、次の作品のリードシングルとして発表した[26]。このビデオは南アフリカケープタウンで撮影されたもので、母親のティナ・ノウルズがソランジュの誕生日プレゼントとして、ソランジュと友人たちがビデオを撮影するために飛行機に乗るための費用を支払った。11月27日に待望の新作となるEP『True』を発表した[27]

このEPは全ての楽曲をデヴ・ハインズと一緒に書いており、作風もソウルミュージックエレクトロなどの要素を盛り込んだオルタナティヴR&Bとなっていた。批評家からも賞賛され、特に楽曲「Losing You」は絶賛を受け多くの音楽メディアが年間ベストソングの一つに選んだ[28][29]ボストン・グローブ紙のルーク・オニールはこの曲を「ジャネット・ジャクソンの初期のような80年代のダンス・ポップ・ハートブレイク」と評している。この曲は「R&Bからエレクトロニックになったダンス・ミュージック・トラック」からの脱却で、「今のポップ・ミュージックの方向性を示唆している点で注目に値する」と述べた[30]ロサンゼルス・タイムズ紙のジェリック・D・ケネディは「ここ数年ラジオに氾濫しているような過剰なダンスR&Bではない」「ソランジュとデヴ・ハインズは、まるで80年代のジュークボックスから発掘されたかのような、スナッピーでリラックスしたグルーヴを生み出した。」と評した[31]

2014年 - 2017年:A Seat at the Table[編集]

Piknik i Parkenでのライブ(2017年)

2015年5月15日、ソランジュはファーガソンボルチモアでの警察による殺害事件とその後の抗議活動に触発されたHBO主催のイベントで新曲「Rise」を初披露した[32]。ソランジュは30歳の誕生日である2016年6月24日に、3日前にニューアルバムが完成したことを明かした[33]。2016年9月30日、自らのレーベルSaintレコードから3作目のアルバム『A Seat at the Table』(ア・シート・アット・ザ・テーブル)がリリースされ、初の全米アルバチャート1位を獲得する[34]。これにより、ソランジュとビヨンセは1年以内に全米ナンバーワンアルバムを獲得した初の姉妹となった[35]

アルバム『A Seat at the Table』の最初の構想はロングアイランドとニューオーリンズで練られ、ソランジュは様々なアーティストとコラボレーションを始めていた。アルバムのレコーディング・セッションの初期の頃、ソランジュは様々なサウンドやアイデアを試し、アルバムのアイデンティティ、サウンド、初期の歌詞やコンセプトを作る上で参考にした。これらのセッションの後、ソランジュはルイジアナ州のニュー・イベリアへと旅立ち、エンジニアと曲の実際の構造を作り、サウンドを構築し、歌詞とメロディーを作る。最終的にソランジュは制作したトラックをロサンゼルスに持って行き、ラファエル・サディークとトロイ・ジョンソンと仕上げた[36]

アルバムは批評家から広く絶賛され、 フィナンシャル・タイムズ紙の評論家Ludovic Hunter-Tilneyは「ビヨンセのアルバム"Lemonade"と同様に、"A Seat at the Table"は偏見と黒人性をテーマにしている」と評した[37]ガーディアン紙のエミリー・マッケイは「ソランジュは長い間、人種問題について率直な発言をしてきた。'F.U.B.U'.、'Mad'、'Don't Touch My Hair'、そして彼女の両親が人種差別との出会いについて語る間奏曲などは、深いものがある。」と述べた。多くの音楽メディアが年間ベストアルバムの一つに選び、ピッチフォークは2016年のアルバム第1位に選出した[38]。楽曲では特に「Cranes in the Sky」が絶賛され、第59回グラミー賞ではベストR&Bパフォーマンス賞を授賞。彼女にとって初のグラミー賞受賞となった。

2016年10月3日、ソランジュは『A Seat at the Table』から2つのミュージックビデオを公開した。「Don't Touch my Hair」と 「Cranes in the Sky 」のどちらも夫のアラン・ファーガソンが共同監督を務めた。

2018年 - 現在:When I Get Home[編集]

Primavera Soundでのライブ(2019年)

2018年10月、ニューヨーク・タイムズ・スタイル誌のインタビューでソランジュが4枚目のスタジオ・アルバムを秋にリリースすることが発表されたが、実現しなかった。

2019年3月1日、4作目となるスタジオアルバム『When I Get Home』(ホウェン・アイ・ ゲット・ホーム)をリリースした。アルバムの制作は、前作のツアーを終えた後にホームタウンのヒューストンの借家で始まった[39]。2018年10月のインタビューで、ニューオーリンズヒューストン、トパンガ・キャニオン、ジャマイカなどでもレコーディングしたと明らかにしている。サウンドについては「コアにはたくさんのジャズがあるんだけど...。でも、エレクトロニックとヒップホップのドラムとベースが入っていて、トランクがガラガラになるようなサウンドにしたい。」と語っていた[40]

アルバムは前作に続き批評家から広く絶賛され、ニューヨーク・タイムズのジョン・パレルスは「A Seat at the Tableでのソランジュの最も強いメッセージであった黒人の連帯感は、'Stay Flo'や'Almeda'にも残っており、彼女は'黒い肌、黒い三つ編み、黒い波、黒い日々'を称賛し、ドラムマシンのアクセントを使って'これらは黒人が所有するものだ'と主張している。しかし、このアルバムのほとんどは、彼女がよりプライベートで家庭的なことを考え、内向きになっていることを表現している。」と述べている[41]。The Observerのケイト・モスマンは、「Solangeが作ったレコードは、時としてデモの集合体のように聞こえることがある。それはフランク・オーシャンからアリアナ・グランデまで、今日のR&Bプロダクションがますます前衛的になってきていることと一致している。」と指摘した[42]

2019年4月、コーチェラ・フェスティバルにサブヘッドライナーとして出演が決まっていたが「大きな制作遅延」のために中止となった[43]。5月からのフェスティバルツアーは予定通り開催され、プリマヴェーラ・サウンドボナルーといった音楽フェスティバルに出演した。

人物[編集]

夫のアラン・ファーガソンと披露宴の会場に向かうソランジュ(2014年)

ソランジュは2004年2月に17歳で、共通の知人を通じて知り合ったフットボール選手のダニエル・スミスと結婚した(挙式はバハマ諸島で行われた)。10月18日にロサンゼルスで男児を出産、「ダニエル・ジュールズ・J.スミス」と名づけた[44]。ソランジュは早すぎる妊娠と出産を残念に思い、意図としなかった妊娠に戸惑っている趣旨の発言を行ったが「子供は天からの最高の贈り物」と語り、子供の誕生をとても喜んだ[45]。結婚後、家族でモスコー (アイダホ州)に引越したが2007年10月に離婚。ソランジュは子供とともにハリウッドに引越し、そこに新しい家を建てた。なお、離婚理由については「子供が大きくなったときに、私が彼の父親について何か言っているものを読んで欲しくないから、詳細は明かさない」とコメントしている[46]

2008年に医師にADD(注意欠陥障害)と診断されたことを告白。長年、周囲を困惑させる自身の言動に悩んできたことや医師にADDであると告げられたときに素直に受け入れられなかったことを告白している[47]

2009年7月、それまでロングだった頭髪を刈り上げ坊主になり話題になった。カニエ・ウェストの元恋人でモデルのアンバー・ローズが坊主であったため真似していると指摘されたが、ソランジュは坊主は初めてではなく16歳と18歳の時に坊主になったことがあると語っている。坊主にした理由は曰く「美容院より別のことにお金や時間をかけたいから」[48]

2014年11月、ルイジアナ州ニューオーリンズでミュージックビデオ監督のアラン・ファーガソンと再婚[49][50]。2019年11月に、ソランジュはその年の初頭に別れていたことを明かした[51]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Solo Star (2003年)
  • Sol-Angel and the Hadley St. Dreams (2008年)
  • A Seat at the Table (2016年)
  • When I Get Home (2019年)

EP[編集]

  • True (2012年)

フィルモグラフィ[編集]

受賞歴[編集]

日本公演[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Solange' Birthday: As Star Turns 26, A Look At Fabulous Celebrity Sisters (PHOTOS)”. The Huffington Post (2012年6月24日). 2020年4月1日閲覧。
  2. ^ Solange Biography”. The Biography Channel. 2014年5月12日閲覧。
  3. ^ http://www.billboard.com/charts/greatest-top-dance-club-artists
  4. ^ a b Ruhlmann, William. “Solange Biography”. Allmusic. 2012年7月27日閲覧。
  5. ^ Thrills, Adrian (2008年8月7日). “Little sis Solange emerges from 'bootylicious' Beyoncé's shadow”. Daily Mail. 2008年11月6日閲覧。
  6. ^ Manning, Kara (2000年10月9日). “Destiny's Child Has Tough Backstage Break”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1428039/20001009/destinys_child.jhtml 2008年11月4日閲覧。 
  7. ^ Bliss, Karen (2002年8月6日). “Solange Knowles Has "Star" Power”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/news/story/5933946/solange_knowles_has_star_power 2009年1月31日閲覧。 
  8. ^ Moss, Corey (2002年3月18日). “Solange, Beyoncé's Lil' Sis, Says She's No Destiny's Child”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1452941/20020315/knowles_solange.jhtml 2008年11月4日閲覧。 
  9. ^ Corey, Moss (2002年8月23日). “Kelly Rowland Moves Into 'Leave It To Beaver' House”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1457156/20020822/rowland_kelly.jhtml 2008年11月4日閲覧。 
  10. ^ D'Angelo, Joe (2002年11月4日). “Ashanti, Keys, Solange 'Proud' Participants in Animated Series”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1458489/20021104/ashanti.jhtml 2009年2月3日閲覧。 
  11. ^ Moss, Corey (2003年6月26日). “Destiny's Child May Get A New Member Next Year”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1473417/20030626/destinys_child.jhtml 2008年11月4日閲覧。 
  12. ^ Corey, Moss (2003年8月25日). “Destiny's Child To Remain A Trio, Says Beyoncé”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1477173/20030825/destinys_child.jhtml 2008年11月4日閲覧。 
  13. ^ Ramaswamy, Chitra (2008年11月2日). “Solange Knowles interview - Soul sister”. Scotland on Sunday. 2008年11月3日閲覧。
  14. ^ Bliss, Karen (2002年8月6日). “Solange Knowles Has "Star" Power”. Rolling Stone. http://www.rollingstone.com/news/story/5933946/solange_knowles_has_star_power 2009年1月31日閲覧。 
  15. ^ Wiederhorn, Jon (2002年11月6日). “Solange 'Feeling' It With Beyoncé, N.O.R.E., Others”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1458534/20021105/knowles_solange.jhtml 2008年11月4日閲覧。 
  16. ^ Ruhlmann, William. “Solo Star: Solange Knowles”. Allmusic. 2012年7月27日閲覧。
  17. ^ Concepcion (2008年5月16日). “Solange Not Out To Top Sister Beyoncé On New Album”. Billboard. Nielsen Business Media. 2008年7月21日閲覧。
  18. ^ Crosley, Hillary (2007年12月11日). “Solange Knowles Inks With Geffen”. Billboard (Nielsen Business Media). http://www.billboard.com/articles/news/1047083/solange-knowles-inks-with-geffen 2008年11月6日閲覧。 
  19. ^ Caulfield. “Ask Billboard: Sol-Angel doesn't get wings”. Billboard. Nielsen Business Media. 2013年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月31日閲覧。
  20. ^ Barker (2008年5月14日). “Solange Knowles: She's "Decided"!”. Teen Hollywood. 2018年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月1日閲覧。
  21. ^ Concepcion (2008年5月16日). “Solange Not Out To Top Sister Beyoncé On New Album”. Billboard. Nielsen Business Media. 2008年7月21日閲覧。
  22. ^ Awwwwwhhhh Dammmmnnn........”. Solangel.typepad.com (2008年8月1日). 2008年11月3日閲覧。
  23. ^ Solange Announces UK Dates”. Polydor Records (2008年10月3日). 2012年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月9日閲覧。
  24. ^ Vena, Jocelyn (2009年4月15日). “Will New Solange Album Have A Duet With Sister Beyoncé?”. MTV. http://www.mtv.com/news/articles/1609288/20090415/knowles_solange.jhtml 2009年4月17日閲覧。 
  25. ^ A Long Convo With... Solange” (英語). Vibe (2010年7月1日). 2020年4月3日閲覧。
  26. ^ solange-k.net”. 2012年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月1日閲覧。
  27. ^ Solange Previews 'True' EP at New York Listening Party”. Rap-Up.com (2012年10月25日). 2014年5月14日閲覧。
  28. ^ The Top 100 Tracks of 2012 - Page 9” (英語). Pitchfork. 2020年4月3日閲覧。
  29. ^ Makarechi, Kia (2012年12月18日). “The 15 Best Songs Of The Year” (英語). HuffPost. 2020年4月3日閲覧。
  30. ^ Solange, ‘True’ - The Boston Globe” (英語). BostonGlobe.com. 2020年4月3日閲覧。
  31. ^ Solange Knowles returns with 'Losing You'” (英語). Los Angeles Times (2012年10月2日). 2020年4月3日閲覧。
  32. ^ Solange Unveils New Song "Rise," Inspired By Ferguson & Baltimore: Watch”. Music News, Reviews, and Gossip on Idolator.com (2015年5月15日). 2020年4月1日閲覧。
  33. ^ Solange's New Album is Completed”. Fuse.tv (2016年6月24日). 2016年6月25日閲覧。
  34. ^ https://www.billboard.com/music/Solange/chart-history/billboard-200/song/995868
  35. ^ Beyonce and Solange Knowles Become First Sisters to Land No. 1 Albums”. Etonline.com. 2016年10月12日閲覧。
  36. ^ Watch Solange's 'A Seat at the Table, Beginning Stages' Documentary” (英語). Rap-Up. 2020年4月3日閲覧。
  37. ^ Subscribe to read | Financial Times”. www.ft.com. 2020年4月3日閲覧。
  38. ^ https://pitchfork.com/features/lists-and-guides/9980-the-50-best-albums-of-2016/?page=5
  39. ^ Solange Talks New Album When I Get Home: Collaborations, Inspirations, Production, More” (英語). Pitchfork. 2020年4月3日閲覧。
  40. ^ Mathis, Ayana (2018年10月15日). “Solange, the Polymathic Cultural Force” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/10/15/t-magazine/solange-interview.html 2020年4月3日閲覧。 
  41. ^ Pareles, Jon (2019年3月6日). “Solange Defies Pop Expectations on ‘When I Get Home’” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/03/06/arts/music/solange-when-i-get-home-review.html 2020年4月3日閲覧。 
  42. ^ Mossman, Kate (2019年3月9日). “Solange: When I Get Home – the Snapchat album” (英語). The Observer. ISSN 0029-7712. https://www.theguardian.com/music/2019/mar/09/solange-knowles-when-i-get-home-review 2020年4月3日閲覧。 
  43. ^ Solange Cancels Coachella 2019 Set” (英語). Pitchfork. 2020年4月3日閲覧。
  44. ^ Grossman, Wendy; Peterson, Todd (2004年10月26日). “Solange Knowles Gives Birth to a Boy”. People. Time. 2008年12月6日閲覧。
  45. ^ Beyoncé's little sister Solange manages motherhood, music and a divorce”. Sister 2 Sister (2008年5月). 2008年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月11日閲覧。
  46. ^ ビヨンセの妹、ソランジュが新作を準備中。プライベートでは離婚を認める。”. notrax. 2007年10月5日閲覧。
  47. ^ 【イタすぎるセレブ達・番外編】ビヨンセの妹、「ADD(注意欠陥障害)」と診断される。”. Techinsight. 2008年8月21日閲覧。
  48. ^ 【イタすぎるセレブ達・番外編】ビヨンセ妹ソランジュ・ノウルズが坊主刈りに! “美容院より別のことにお金や時間をかけたいの。””. Techinsight. 2009年7月27日閲覧。
  49. ^ Solange Knowles Marries Alan Ferguson”. People Magazine. 2014年11月16日閲覧。
  50. ^ “ビヨンセの妹ソランジュが結婚”. 映画.com. (2014年11月17日). http://eiga.com/news/20141117/11/ 2014年11月17日閲覧。 
  51. ^ Solange And Alan Ferguson Split After Five Years Of Marriage” (英語). Vibe (2019年11月1日). 2020年4月3日閲覧。