ソラ (ゲーム会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
有限会社ソラ
種類 有限会社
設立 2005年8月15日
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームソフトウェアの企画・開発
代表者 代表取締役社長 桜井政博
関係する人物 桜井政博
テンプレートを表示

有限会社ソラは、ゲームソフトウェアの開発を行う日本の企業。かつて関連会社であった株式会社プロジェクトソラについても記述している。

概要[編集]

星のカービィシリーズ』、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』を手がけた桜井政博が『大乱闘スマッシュブラザーズX』のオファーを受諾した際に、様々な事情から任天堂社内での開発よりも新しいオフィスを立ち上げたほうが良いと判断されて、ゲームアーツからの人材協力のもと、『スマブラX』を制作するための会社として設立。ゲームアーツが携わった経緯は、任天堂宮本茂の紹介により、実現したとのことである[1]

2008年までは多数のスタッフが在籍していたが、そのほとんどが『スマブラX』の開発をするための契約社員であり、正規スタッフは2名で、『週刊ファミ通』内のコラム『桜井政博のゲームについて思うこと』と、そのコラムをまとめた本『-DX(単行本3巻)』から判断すするに桜井と、そのアシスタントであると判断できる。『スマブラX』の開発が終了して、桜井の活動先がプロジェクトソラに移行した現在の活動の状況等は不明。ただ、コラムの『大乱闘スマッシュブラザーズX』に参加した音楽家打ち上げの回にて、ゲーム作曲者同士の連絡ツールとして活動したい旨を述べている[2]。なお、桜井とアシスタントは2008年6月に入籍している[3]

『週刊ファミ通』の付録である「ゲームメーカー年鑑2007」によると、社名は「空のように自由であること」が由来。「桜井政博がフリーで働くための会社なので、ほかのメーカーとはちょっと異なるかもしれません(期待しないでください……)。どこかのチームとジョイントしたり、役割を柔軟に変えたりしながら、表に裏に活動していきます」とコメントしている。

プロジェクトソラ[編集]

株式会社プロジェクトソラ
Project Sora Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 102-0071
東京都千代田区富士見2丁目7-2
ステージビルディング15階
設立 2009年1月22日
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームソフトウェアの企画・開発
代表者 代表取締役社長 松島愛祐
資本金 2億円
主要株主 任天堂 72%
ソラ
関係する人物 高橋伸也(取締役)
桜井政博(取締役)
テンプレートを表示

株式会社プロジェクトソラ: Project Sora Co., Ltd.)は、ゲームソフトウェアの開発を行う日本の企業。

概要[編集]

2009年2月18日、『大乱闘スマッシュブラザーズX』に引き続き、契約社員による開発体系で「『スマブラ』ではないゲームを製作する特殊なプロジェクト」を進める会社として任天堂とソラが共同で設立。また、契約社員の募集が発表された。5月11日、プロジェクトソラが実際の活動を開始[4]。なお、契約社員の募集は2010年2月まで行われた。プロジェクトソラの発表前に『ニンテンドードリーム』2009年2月号で実施されたクリエイターの新年メッセージとして、桜井は2009年の抱負として「伏せ」と書かれた色紙を贈っており、このことを示唆していたのだと思われる。

先述のように開発スタッフは『スマブラX』と同様に契約社員であり、企業契約と個人契約の両パターンで参加しているスタッフの混成である(ゲームアーツが引き続き参加しているかは不明)。ソラにおける『スマブラX』の開発に参加した者も一部はプロジェクトソラに参加している[5]

創立当時では極秘とされていたが、プロジェクトソラとは任天堂の次世代ハード(後のニンテンドー3DS)用タイトル開発のために立ち上げたものであり、創立当時から2作目以降のゲーム製作を視野に入れており、1作目で得た3DSのノウハウを活かしての『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』の新作を製作する計画であった[4]

2010年6月、「E3」にて3DS用タイトルのために立ち上げたものであることを明かすと共に開発タイトル『新・光神話 パルテナの鏡』が発表された。2011年、『新・パルテナ』の完成が目処に立った際に、任天堂の岩田聡から3DSと共に開発中の新たな次世代ハードであるWii Uを紹介されて、どちらのハードで『スマブラ』を開発するかを提案されて、桜井は3DSとWii Uの双方で並行開発して両タイトルを連動させる構想を提案していた[4]。その後、『スマブラ』の新作はバンダイナムコゲームスバンダイナムコスタジオのスタッフをメインに開発中(桜井が企画・ディレクション)であることが発表された[6]2012年6月30日、プロジェクトソラが解散。7月30日、プロジェクトソラの公式ホームページが閉鎖[7]

桜井は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』の発売時のインタビューで「『新・光神話 パルテナの鏡』の製作の際に色々な所から人材を集めたが問題点もあった」として、「桜井自身が人事や面接を行わなければならないこと」、「集まった人たちは各々やり方が違っておりまとまりにくかった」といったことを反省点として挙げている[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 社長が訊く - 『大乱闘スマッシュブラザーズX』エンターブレイン『桜井政博のゲームについて思うこと DX Think about the Video Games』より。
  2. ^ 『桜井政博のゲームについて思うこと』vol.229「かつてない音楽家の集い」(雑誌2008年3月14日増刊号、および単行本4巻に掲載)より。
  3. ^ 遠藤雅伸公式blogより。
  4. ^ a b c 特別対談vol.2”. プロジェクトソラ. 2011年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月11日閲覧。
  5. ^ 『桜井政博のゲームについて思うこと』単行本4巻99ページ「『去りゆく仲間』をふり返って思うこと」(vol.218、雑誌2007年10月5日連載回に対する後書き)より。
  6. ^ バンダイナムコゲームスとバンダイナムコスタジオ、 任天堂『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ最新作の開発に参加 (PDF)”. バンダイナムコゲームス (2012年6月22日). 2012年7月11日閲覧。
  7. ^ プロジェクトソラ” (2012年). 2012年7月11日閲覧。
  8. ^ ニンテンドードリーム vol.250より。