ソルタムM65 120mm迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ソルタムM65 120mm迫撃砲
Mortar-120mm-beyt-hatotchan-1.jpg
ソルタムM65 120mm迫撃砲(イスラエル砲兵隊博物館
種類 迫撃砲
原開発国 フィンランドの旗 フィンランド
イスラエルの旗 イスラエル
運用史
配備先 Badge of the Israel Defense Forces.svg イスラエル国防軍、他
開発史
開発者 タンペラ社(現・パトリア社)
開発期間 1953年
製造業者 ソルタム・システムズ
派生型 ソルタムK5A7(長射程型)
諸元
重量 136 ~ 272 kg
要員数 4名

砲弾 120mm迫撃砲弾・装薬
口径 120 mm
仰角 +30°/+80°
旋回角 -20°/+20°
有効射程 9,500 m

ソルタムM65 120mm迫撃砲は、フィンランドのタンペラ社(現・パトリア社)が1953年に開発し、1960年にその生産ライセンスイスラエルソルタム・システムズ社が購入して製造した口径120mmの迫撃砲である。"ソルタムK5 120mm迫撃砲"とも呼称される[1]。ソルタムM65 (K5)には、通常射程型と長射程型の2種類のバージョンが存在する[2][1]

概要[編集]

ソルタムM65は口径120mmの迫撃砲としては軽量に設計されており、M113装甲兵員輸送車への搭載や小型ヘリコプターでの吊り下げ輸送が可能である。また小型軍用車両での牽引も可能である。M65の移動用タイヤはM151"ケネディ・ジープ"と共通の物が使用できるようになっている。

ソルタムM65は通常射程型の形式名で、改良された長射程型は"ソルタムK5A7 120mm迫撃砲"と呼称される[1]。K5A7迫撃砲はより迅速な展開、少人数での運用を考えて改良された発展型で、M59砲弾で8,500m、M100砲弾で9,500mの射程を持つ。また射撃時に移動用の架台から取り外す必要は無く、4名の砲兵で運用が可能である。

また、M3ハーフトラックにM65を搭載した自走迫撃砲タイプの車両は、イスラエル国防軍において"ハーフトラック Mk.D"の形式名が付けられ、"マクマト"(Makmat)のニックネームで呼ばれる。

なお、マクマト(Makmat)とはヘブライ語でMargema Kveda Mitnayaat=自走重迫撃砲の略称であり、スーパーシャーマンソルタムM66 160mm迫撃砲を搭載した160mm自走迫撃砲も同様にマクマトと呼ばれている。

また、1990年代よりアメリカ軍で運用されているM120 120mm迫撃砲は、ソルタムK5の改良モデルに相当する"ソルタムK6 120mm迫撃砲"をアメリカ軍が採用したものである[2]

運用国[編集]

M65 120mm迫撃砲運用国(青色)


脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c militaryfactory.com Soltam K5 (M65) 120mm Mortar
  2. ^ a b Soltam K5 and K6 120 mm light mortars (Israel), Mortars”. Jane's. 2012年7月12日閲覧。
  3. ^ a b c SIPRI arms transfer database”. ストックホルム国際平和研究所 (Information generated on 3 April 2014). 2014年4月3日閲覧。

関連項目[編集]