ソーリー・トゥ・ボザー・ユー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソーリー・トゥ・ボザー・ユー(邦題未定)
Sorry to Bother You
監督 ブーツ・ライリー
脚本 ブーツ・ライリー
製作 ニナ・ヤン・ボンジョヴィ
ケリー・ウィリアムズ
ジョナサン・ダフィー
チャールズ・D・キング
ジョージ・ラッシュ
フォレスト・ウィテカー
製作総指揮 マイケル・Y・チョウ
ポピー・ハンクス
フィリップ・エンゲルホーン
キャロライン・カプラン
ガス・デアドロフ
キム・ロス
マイケル・K・シェン
出演者 ラキース・スタンフィールド
テッサ・トンプソン
ジャーメイン・フォーラー
オマリ・ハードウィック
ダニー・グローヴァー
スティーヴン・ユァン
アーミー・ハマー
音楽 チューン・ヤーズ
ザ・コープ
撮影 ダグ・エメット
編集 テレル・ギブソン
製作会社 シグニフィカント・プロダクションズ
シネリーチ
MARCO
配給 アメリカ合衆国の旗アンナプルナ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗2018年7月6日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗2018年7月13日(拡大公開)
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ソーリー・トゥ・ボザー・ユー』(原題:Sorry to Bother You)は2018年アメリカ合衆国で公開されたコメディ映画である。監督はブーツ・ライリー、主演はラキース・スタンフィールドが務めた。本作はライリーの監督デビュー作である。

概略[編集]

カリフォルニア州オークランド。カシアス・グリーン(キャッシュ)は叔父の家の車庫に暮らしながら職探しを続けていた。やっとの思いで電話営業の職に就くことができたが、黒人特有のアクセントが原因で客の獲得に難儀する羽目となった。しかし、白人特有のアクセントを習得したことで、キャッシュは営業成績トップに躍り出ることができた。瞬く間に成功者への階段を駆け上がることになったキャッシュだったが、その成功が原因で恋人のデトロイトとの関係が悪化することとなった。デトロイトは最低賃金の職で糊口をしのぐ傍ら、バンクシー風の芸術家集団の一員として活動していたのである。その芸術家集団はキャッシュの会社を標的として抗議活動を行っていた。

そんなある日、キャッシュは会社の社長を務めるスティーヴ・リフトに面会する機会を得た。リフトはコカインと乱交に明け暮れる日々を送っており、とてもまともな人間には見えなかった。やがて、キャッシュは会社が巨悪に加担していることを知るが、彼は引き返すにはもう遅すぎる地点にいた。

キャスト[編集]

製作[編集]

ライリー・ブーツが本作の脚本の執筆に取りかかったのは2011年のことであったが、映画化までには数年を要することになった。ブーツ自身、脚本が実際に映画化されることになるとは想定していなかったのだという[1]

2017年6月15日、ブーツ・ライリーの映画監督デビュー作にラキース・スタンフィールド、テッサ・トンプソン、スティーヴ・ユァンが起用されたと報じられた[2]。21日、アーミー・ハマーがキャスト入りした[3]。22日、ジャーメイン・フォーラーの出演が決まった[4]。27日、オマリ・ハードウィックとテリー・クルーズが本作に出演するとの報道があった[5]。7月26日、残りの主要キャストが発表された[6][7]

撮影[編集]

本作の主要撮影は2017年6月22日にオークランドで始まり[8]、同年7月30日に終了した[9]

公開[編集]

2018年1月20日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[10]。25日、アンナプルナ・ピクチャーズが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[11]。3月12日、本作はサウス・バイ・サウスウェストで上映された[12]。当初、本作は2018年6月29日に全米公開される予定だったが、後に公開日は同年7月6日に延期されることになった[13]

興行収入[編集]

2018年7月6日、本作は全米16館で限定公開され、公開初週末に72万7266ドル(1館当たり4万5454ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場16位となった[14]。13日、本作は全米805館で拡大公開され、週末に420万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング7位となった[15]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには82件のレビューがあり、批評家支持率は94%、平均点は10点満点で7.8点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「大胆な野心が秘められており、痛烈な面白さもある。そして、完全にオリジナルな作品である。『ソーリー・トゥ・ボザー・ユー』はブーツ・ライリー監督に映像作家としてのフレッシュな才能が到来していたことを高らかに宣言する作品である。」となっている[16]。また、Metacriticには34件のレビューがあり、加重平均値は79/100となっている[17]

出典[編集]

  1. ^ Boots Riley stays true to his own voice with the Sundance premiere 'Sorry to Bother You'”. 2018年7月8日閲覧。
  2. ^ Tessa Thompson, Lakeith Stanfield, Steven Yeun To Star In ‘Sorry To Bother You’”. 2018年7月8日閲覧。
  3. ^ Armie Hammer Joins Feature Drama ‘Sorry To Bother You’”. 2018年7月8日閲覧。
  4. ^ ‘Superior Donuts’ Star Jermaine Fowler Cast In ‘Sorry To Bother You’”. 2018年7月8日閲覧。
  5. ^ ‘Power’ Star Omari Hardwick & Terry Crews Join Boots Riley’s ‘Sorry To Bother You’”. 2018年7月8日閲覧。
  6. ^ Danny Glover, David Cross And Patton Oswalt Join ‘Sorry To Bother You’”. 2018年7月8日閲覧。
  7. ^ bootsriley Boom.”. 2018年7月8日閲覧。
  8. ^ iamcharlesdking2 years ago I was invited”. 2018年7月8日閲覧。
  9. ^ bootsriley That's a wrap!”. 2018年7月8日閲覧。
  10. ^ 2018 Sundance Film Festival: Feature Films Announced”. 2018年7月8日閲覧。
  11. ^ Sundance: Annapurna Nabs ‘Sorry to Bother You’”. 2018年7月8日閲覧。
  12. ^ Sorry to Bother You”. 2018年7月8日閲覧。
  13. ^ Annapurna Dates Films By Adam McKay, Babak Anvari & Sundance Acquisition ‘Sorry To Bother You’”. 2018年7月8日閲覧。
  14. ^ July 6-8, 2018”. 2018年7月17日閲覧。
  15. ^ July 13-15, 2018”. 2018年7月17日閲覧。
  16. ^ Sorry to Bother You”. 2018年7月8日閲覧。
  17. ^ Sorry to Bother You (2018)”. 2018年7月8日閲覧。