ゾイド伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゾイド伝説
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 ゲームボーイ[GB]
ニンテンドー3DSバーチャルコンソール[VC]
発売元 [GB]トミー
[VC]タカラトミー
人数 1人
メディア [GB]ROMカセット
発売日 [GB]1990年6月15日
[VC]2011年8月31日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

ゾイド伝説』(ゾイドでんせつ)とは、1990年にトミー(現タカラトミー)からゲームボーイソフトとして発売された、ゾイドを題材にした横スクロールシューティングゲーム

概要[編集]

トミーが初めてコンピュータゲームに参入した第1号製品で、トミーオリジナルSF玩具として会社のメイン商品となっていたゾイドを題材にしたゲーム。ゾイドのゲームはそれ以前にもファミリーコンピュータで発売されていた(『ゾイド 中央大陸の戦い』、『ゾイド2 ゼネバスの逆襲』)が、発売元は東芝EMIで、本作はゾイドを生んだトミー本社が出した最初のゾイドゲームという事にもなった。

ゲームシステム[編集]

全8ステージからなる横スクロールシューティングで、プレイヤーはヘリック共和国か、ゼネバス帝国のどちらかを選ぶ。そしてプレイヤー機は3機設定で、最初の一機で進み、途中でミスしたら、後続する次の機体に変わる。そして2機目の機体もやられたら最後の3機目の機体が登場するものの、その3機目もやられてしまった場合、ゲームオーバーとなる。

強制横スクロール画面で、プレイヤー機は敵弾や、敵の体当たりだけでなく、画面内の様々な障害物(岩、火山の噴煙、火山弾、壁、草)に触れるとダメージを受ける。

プレイヤー機[編集]

プレイヤーは最初に共和国側か帝国側のどちらかを選ぶが、共和国を選んだ場合、帝国側のプレイヤー機が偶数ステージのボスキャラクターとなって登場する。

なお、番号はそれぞれ出てくる順番のゾイドで、シールドライガーがやられた場合、次に出てくるゾイドがゴジュラスになる。また、最初のゾイドはパワーアップするとショット弾を前方の他、真上と真下に発射し、2番目のゾイドは前方上下に直線的に三の文字状に、3番目のゾイドは斜め上下に弾を撃つようになる。

敵ゾイド[編集]

プレイヤー陣営を選んだ場合、敵陣営ゾイドが雑魚敵となって現れるのが本ゲームの特徴。最後の方では暗黒軍側のゾイドも登場する。

アイテム[編集]

ステージ道中にあるアルファベットの頭文字のパネルを取ると、プレイヤー機の能力がアップする。

  • L ライフが増える。
  • W ショットパワーがアップ
  • SW 特殊武器のストックが1個増える。

評価[編集]

  • 50年にわたる大規模な戦争を食い止めるのが目的というストーリーであるにもかかわらず内容はシンプルなシューティングゲームである[1]
  • 最初にどの陣営を選んでもマップは全く同じでありエンディングが多少違ってくるだけである[1]
  • 自機のゾイドがやたらと大きいため当たり判定で損をする[1]
    • 自機が大きいにもかかわらず序盤から追尾ミサイルを打つ敵が出る[1]
  • 壁にぶつかっただけでゾイドのライフが1つ減る[1]
  • ボス戦になっても7か所にも及ぶ砲台から同時にミサイルが放たれる[1]

このように主に難易度調整ミスが目立っており、ゲームとしては「バカゲー」と評価されることもある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 株式会社QBQ編 『ゲームボーイクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117790 p32-33