ゾフィー・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゾフィー・ドロテア
Sophie Dorothea
ハノーファー公世子妃
SophiaDorothea of Celle1.jpg
出生 (1666-09-15) 1666年9月15日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
リューネブルク侯領ツェレ
死去 (1726-11-13) 1726年11月13日(60歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ハノーファー選帝侯領、アールデン城
埋葬  
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ハノーファー選帝侯領ツェレ
配偶者 ジョージ1世 (イギリス王)
子女 ゲオルク・アウグスト
ゾフィー・ドロテア
父親 ゲオルク・ヴィルヘルム
母親 エレオノール・ドルブリューズ
テンプレートを表示

ゾフィー・ドロテア・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク(Sophie Dorothea von Braunschweig-Lüneburg, 1666年9月15日 - 1726年11月13日)は、ハノーファー公子ゲオルク・ルートヴィヒ、後のハノーファー選帝侯イギリス王ジョージ1世の妻。

ただし、夫が選帝侯位および王位を継承する以前に離縁され、32年間幽閉された。子を通じ、イギリス王室(ハノーヴァー家)およびプロイセン王室(ホーエンツォレルン家)にその子孫がいる。

名前について[編集]

実家のリューネブルク侯領に基づき、ゾフィー・ドロテア・フォン・ツェレ(Sophie Dorothea von Celle)とも呼ばれる。英語表記ではソフィア・ドロテア・オブ・ツェレ(Sophia Dorothea of Celle)となる。また長く幽閉された城にちなみ、「アールデンの公女」(Prinzessin von Ahlden)としても知られる。なお、日本語の書籍では「ゾフィア・ドロテア」と表記される場合もある。

家系[編集]

父はリューネブルク侯ゲオルク・ヴィルヘルム、母はエレオノール・ドルブリューズ

祖父カレンベルク候ゲオルクには4男があったが、長男は早世し、次男ゲオルク・ヴィルヘルムは侯領を四男へ譲り、三男はカトリックを信仰したため不適格となり、四男エルンスト・アウグストが侯爵位を継承した。

ゲオルク・ヴィルヘルムはプファルツ選帝侯フリードリヒ5世の娘ゾフィーと婚約していたが、彼女が天然痘により容色を失ったことなどにより婚約を破棄した後、1665年にフランス人の愛妾エレオノール・ドルブリューズと貴賤結婚した。

選帝侯女ゾフィーはその後、エルンスト・アウグストと結婚し、ゲオルク・ルートヴィヒらを産んだ。ゾフィ―はイングランド王ジェームズ1世の孫娘であり、メアリー2世夫妻とアン女王には嫡子がなく、イギリスの王位継承権はゾフィーの子孫に限られていた(イギリス王位継承順位)。

生涯[編集]

1691年、子供たちと

1666年9月15日、リューネブルク侯ゲオルク・ヴィルヘルムと愛妾エレオノールとの間に誕生。1676年にエレオノールをヴィルヘルムスブルク伯爵として正式に結婚し、ゾフィー・ドロテアも嫡出子となる。

1682年9月、ゾフィー・ドロテアは自分の誕生日に従兄ゲオルク・ルートヴィヒ公子との婚約を知る。同年11月21日に結婚した。

本人にとって気の進まない結婚だった上に、過去のいきさつから姑ゾフィーとの折り合いも良くなかった。さらに、夫ゲオルク・ルートヴィヒも美貌で名高かった妻に関心を持たず、ゲオルク・アウグスト(後のジョージ2世)とゾフィー・ドロテアが生まれた後は、愛人を作って妻を気にかけなくなった。ゲオルクの愛人たち、ゾフィー・ドロテアの侍女プラーテン伯爵夫人の妹であるカタリーナ、エーレンガルト・メルジーネ・フォン・デア・シューレンブルクが不美人であったことは、大変な屈辱を与えたとされる。

そのためゾフィー・ドロテアは、ケーニヒスマルク伯フィリップと愛人関係になっていったが、ほどなく夫に知られ、1694年7月1日を最後にフィリップは「失踪」。ゾフィー・ドロテアはゲオルクへの従属を拒否して離婚を求めた。その結果、「離婚手続きが済むまでの間」アールデン城に幽閉された。実母エレオノーレ以外との面会は許されなかった。結局、ゾフィー・ドロテアは1726年に死去するまで32年もの間、アールデン城に幽閉され続けた。

実子ジョージ2世は美しい母の思い出の品を全て没収され、こうした状況からジョージ1世を激しく憎悪することとなる。このことはジョージ1世の戴冠式にも尾を引いた。またプロイセン王妃となった同名の娘は、ゾフィー・ドロテアの侍女をプロイセンに呼び、母に対する忠誠に報いた。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • 森護 『英国王妃物語』 河出文庫、1994年